2017.1.30 11:00(1/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(264)】元力士の日米ハーフ芸人、マービンJr

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(264)】

元力士の日米ハーフ芸人、マービンJr

元力士&日米ハーフという異色のピン芸人、マービンJr=東京・神宮前

元力士&日米ハーフという異色のピン芸人、マービンJr=東京・神宮前【拡大】

 マービンJr(29、ワタナベエンターテインメント所属) ★デビュー・2010年

 父親が米国人、母が日本人のハーフ芸人、マービンJrは東京生まれの東京育ち。元力士で、現在は高校時代、相撲部の1年先輩だった大関・豪栄道のドライバーとしてアルバイトもする生粋の相撲芸人だ。角界の裏話などをネタにした相撲あるあるネタで笑わせる。

 --日本語で大丈夫ですよね

 「もちろん! というか英語は話せません。僕は東京生まれの東京育ちで日本国籍です」

 --元力士なだけに立派な体格

 「埼玉栄高相撲部の2、3年生のとき、インターハイの団体戦で連覇しました。そして、追手風部屋に入門し、大翔勇というしこ名で力士になりましたが、21歳だった08年10月に心臓の病気と両膝の靭帯(じんたい)をダメにしてしまい、引退しました。最高位幕下18枚目です」

 --なぜ芸人に

 「力士の道に進んだのですが、本当は高校を卒業して、すぐにでも芸人になりたかった」

 --引退後は迷わず芸人に

 「そうですね。実は力士時代、本場所中の呼び出しで『西、大翔勇、東京都荒川区出身』と紹介されて僕が土俵に上がると、名前と見た目のギャップの大きさに場内からは笑いが起きていたので『これなら、芸人もいけるかも』と思っていました」

 --相撲はいつから

 「小学1年のときに、文京針ヶ谷相撲クラブに入りました。そのとき、僕の人生に影響を与えた運命的なことがありました」

【続きを読む】

  • 元力士&日米ハーフという異色のピン芸人、マービンJr=東京・神宮前
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(264)】元力士の日米ハーフ芸人、マービンJr