2017.1.27 12:51

3億円相当の金塊64キロへ応札なし 密輸事件で没収

3億円相当の金塊64キロへ応札なし 密輸事件で没収

 有罪が確定した密輸事件で押収され、大阪地検が一般競争入札にかけていた金塊64キロへの応札がなく、不調に終わっていたことが27日までに分かった。現在の金の買い取り価格で換算すると3億円ほどに相当し、異例の高額競売になる可能性があった。地検は再度入札をやり直す方針。

 刑事訴訟法は没収物の処分を検察官が行うと規定。入札は法務省の証拠品事務規程に基づき、事前に設定された予定価格(非公表)を上回り、最も高額の入札者が落札できる。代金は全額が国庫に入るが、26日の開札では応札者がゼロだった。

 地検の担当者は「応札がなかった理由は分からない」としており、後日改めて入札をするという。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 3億円相当の金塊64キロへ応札なし 密輸事件で没収