2017.1.13 11:00(2/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(248)】デビュー1年目、新成人の漫才トリオ、四千頭身

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(248)】

デビュー1年目、新成人の漫才トリオ、四千頭身

特集:
SMAP解散
脱力系漫才「頭取りゲーム」が話題になった四千頭身の左から都築拓紀、後藤拓実、石橋遼大。目指すは「M-1グランプリ」の天下取り=東京・表参道

脱力系漫才「頭取りゲーム」が話題になった四千頭身の左から都築拓紀、後藤拓実、石橋遼大。目指すは「M-1グランプリ」の天下取り=東京・表参道【拡大】

 -きっかけは三者三様

 都築「後藤は友達が応募したなんて、履歴書を家族や友達が応募したというのをよく聞くジャニーズの人みたいだなぁ」

 後藤「ちなみに僕は、SexyZoneの菊池風磨君が大好き。おもしろいし、かっこいいし、頭がいい。ツッコミとしては、ダイアンの津田さんを尊敬しています」

 -同期には、若手芸人がネタで競い合うNHK BSプレミアムの特番「笑けずり」で注目されたコンビ、レイトブルーマーがいます。この連載でも取り上げましたが、同期には負けたくない

 都築「学校時代からむしろファンですよ」

 後藤「負けたくないっていうかファンですね」

 -争いを好まないのは、“さとり世代”ならではでしょうか。とはいえ、厳しい芸人の世界で今後の夢は何ですか

 石橋「M-1で優勝したいです!」

 後藤・都築「いきなり?」

 石橋「M-1の出囃子を集めた動画がありまして、寝るときに音を聴いてイメージトレーニングしています。テンションが上がります!」

 後藤「バカだなあ~(笑)。M-1は去年、初挑戦しましたが、1回戦で負けました。空気がすごかった。完全にのまれてしまいました」

 石橋「事務所の先輩ではハライチさんが1年目に1回戦で負けて、2年目で準決勝にいった。僕たちもそうなれたら。まだ事務所はM-1チャンピオンがいないんです」

 都築「僕は2020年までにゴールデンでレギュラーを持ちたいです!」 

 22日に同期のレイトブルーマーらと東京・下北沢でお笑いライブ「ペペロンチーノ」を開催する。夢は大きいフレッシュな3人に注目だ。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(248)】デビュー1年目、新成人の漫才トリオ、四千頭身