2017.1.12 11:00(2/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(247)】世界唯一、張本勲氏のものまねでトップを狙う芸人、流コウキ

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(247)】

世界唯一、張本勲氏のものまねでトップを狙う芸人、流コウキ

張本勲氏のものまねで“喝!”を披露する流コウキ=東京・下目黒

張本勲氏のものまねで“喝!”を披露する流コウキ=東京・下目黒【拡大】

 --東京農大時代も投手として活躍していたそうですが、野球の道に進もうとは思わなかった

 「大学2年ぐらいまでは思っていましたね。でも、巨人の内海哲也投手のチェンジアップを見たときに『これはちょっと…』と思いましたよ。左投げで右投手のスライダーみたいな球を投げるのよ」

 --生で見た

 「彼が東京ガスにいたとき、練習試合で対戦したのよ。とんでもない球で、『これは無理だな』と。野球奪われたら何にもないヤツが、本当に(野球を)奪われたから、何にもできなくなったね(笑)」

 --芸人になって、つらいときは

 「自分が似てるなと思っているのに全然伝わらないときじゃない。一番似ていると思っているのは堤真一なんだけど、ショーパブでやったときね、初めて空調の音が聞こえたのよ」

 --生計はどうやって立てている

 「バーでアルバイトしていますよ。池袋の『おもしろいBAR』っていうところで、この格好で接客しています」

 --本当に面白いんですか

 「ハードルを上げているけどね。そのハードルを飛び越えたヤツは誰もいないんだけどね」

 --野球選手のまねは

 「動きのマネはそっくりさんがやるからね。解説とか違うところを目指したいね」

 --新しいネタは

 「江川卓さんをやろうと思っているのよ。面白いからね。現段階は『浅い、非常に浅いですよ』。これぐらいだね。ワードと一緒で、浅いのよ(苦笑)」

  --役者としての活動も目立っていますね

 「オーディションに受かってね。楽しいですよ。お笑いとは違う緊張感があるから。ゲロ吐きそうになるけども」

 --お笑いにも還元されている

 「そうだね。堤真一さん、窪塚洋介さんのものまねも、稽古中に共演者から似てると言われて始めましたから」

 --共演したい俳優は

 「そりゃ藤原竜也でしょ。2人で大きな声出したいでしょ」

 --藤原さんは役者をやっていること知っている

 「特攻隊の芝居を観に来てくれて、『お前、舞台なめてんのか』と言われましたね」

 --なぜ怒られた

 「隊長役だけど、演じていて涙が出るのよ。そしたら『泣いてんじゃねぇ! 芝居で泣くのは最低だ!』って。でも私ね、あの人のいろんな芝居を見たけどね。『ハムレット』でも泣いてたし、この前の『鱈々』でもめちゃくちゃ泣いてた。藤原さんに“喝!”だよ」

 --新年の抱負は

 「張さんに会いたいね。2月はキャンプ回りしているだろうから、宮崎に行こうかな」

 --独身ですが、どんな人がタイプ

 「僕の直球を受け止めてくれるような人だね。ストライクゾーンは広いのよ。すごい悪球も打ってきて、3085本の数字をたたき出してきているからね(笑)」

 14日に東京・新宿バティオスで行われる所属事務所のお笑いライブに出演する。文字では伝わりづらい“あっぱれ”な張本勲氏のものまねは必見だ。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(247)】世界唯一、張本勲氏のものまねでトップを狙う芸人、流コウキ