2016.12.24 05:10(2/2ページ)

田中麗奈が“悪魔”に…女医役初挑戦で医師の夫から手取り足取り教えてもらう!?

田中麗奈が“悪魔”に…女医役初挑戦で医師の夫から手取り足取り教えてもらう!?

悪魔のような美人外科医を演じる田中麗奈。どんな怪演を見せるのか

悪魔のような美人外科医を演じる田中麗奈。どんな怪演を見せるのか【拡大】

 純粋ななっちゃんのCMで親しまれた田中が、怖~い“悪魔”になる。

 「真昼の悪魔」は、同名小説の初映像化作品。今年3月をもって、52年続いた昼ドラ枠に終止符を打った東海テレビが、新たに手掛ける“夜ドラ”枠の最新作だ。

 原作は、病院内で起こる奇怪な事件の犯人を捜す医療ミステリーだが、ドラマでは、犯人捜しの要素を薄くし、悪に手を染めてしまう主人公の“心の闇”を暴く心理サスペンスとして描く。

 田中が演じるのは、一見、社交的で明るい美人外科医・大河内葉子。実は幼少期から感情が欠落し、ターゲットとなる人物が現れると、衝動的に悪のスイッチが入ってしまうという役どころだ。

 東海テレビの遠山圭介プロデューサーは「田中さんはこれまで純粋なイメージの役が多かったので、怖い表情を見てみたかった」とギャップのある演技に期待する。

 フジ系連ドラ初主演となる田中は「原作はとても面白く、最後までスリルを味わいながら一気に読むことができました」と興奮し、悪魔のような心を持つ役柄には「ぞくぞくとしながらも強烈に惹きつけられました」と女優魂を燃やす。

 医師役は初挑戦だが、2月に結婚した最愛のパートナーが実際の医師だけに気負いはない様子。

 「悪とは何か?ということへの探求心。彼女は人と違うのかもしれない。もしくは、誰しにもある心に素直なだけなのかもしれない。私も大河内葉子に引き寄せられた1人として、この役を演じたいと思いました」と、来年1月中旬のクランクインを心待ちにしている。

物語

腹部に猛烈な痛みを覚えて関東近郊の病院に入院した青年・聖人は、女神のような外科医・葉子(田中)に出会い、惹かれていく。だが、それは大いなる絶望と破滅への入り口だった。病院内で相次ぐ奇怪な事件。認知症の老婆に対する医療事故、謎のアレルギーで死の淵に立つ少女、偽のカルテにより病状が悪化していく患者…。これらは誰かの悪意の所業なのか。物語は衝撃の結末へと進んでいく…。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 田中麗奈が“悪魔”に…女医役初挑戦で医師の夫から手取り足取り教えてもらう!?