2016.12.22 20:34

ASKAがブログ更新 「お茶」差し出した理由を「もし、見つかった時には『なんちゃって』と」

ASKAがブログ更新 「お茶」差し出した理由を「もし、見つかった時には『なんちゃって』と」

特集:
ASKA
ASKA

ASKA【拡大】

 覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された後に不起訴処分となり、釈放された歌手、ASKA(58)が22日、自身のブログを更新し、薬物検査の際に尿の代わりに「お茶」を差し出したと主張している理由などを説明。2014年に逮捕されて以降続くという警察、マスコミへの不信感をうかがわせた。

 ASKAは先月25日、警察署での採尿を求められたが、これを拒否。その後、自宅に来た警官に任意での尿検査を求められ、同月28日に出た結果が陽性だったとして逮捕された。

 ASKAはブログでこの件に関し「なぜ、僕が尿を提出せず、スポイトで吸い上げたお茶をさし出したのか?やはり、皆さんの疑問はここに集約されているようですね」と問題提起した上で「もし、見つかった時には『なんちゃって』と、笑って見せ、素直に検査に応じようと考えました」とコメント。「どちらにしても、覚せい剤が検出されるわけはないのですから」と持論を展開した。

 この後、ASKAは「だったら、堂々と尿を差し出せばよかったのに」と第3者の疑問を代弁し、「それは、結果論です」と反論。14年の1度目の逮捕を振り返り、「僕が取調べで答えた内容とは、違うものが発表されたからです。毎日のように接見に来てくれた弁護士からは、耳を疑う内容が、幾つもありました」とし、当時警察やマスコミ報道などへの不信感を抱いていたことが、今回の行動につながったと主張した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ASKAがブログ更新 「お茶」差し出した理由を「もし、見つかった時には『なんちゃって』と」