2016.12.15 05:00

B’zの稲葉浩志、スティーヴィー・サラスに抱いた“不満”を吐露

B’zの稲葉浩志、スティーヴィー・サラスに抱いた“不満”を吐露

J-WAVE「SAPPORO BEER OTOAJITO」の公開収録を行った稲葉浩志(右)とスティーヴィー・サラス(中央)。左はMCのクリス・ペプラー=東京・三田

J-WAVE「SAPPORO BEER OTOAJITO」の公開収録を行った稲葉浩志(右)とスティーヴィー・サラス(中央)。左はMCのクリス・ペプラー=東京・三田【拡大】

 人気ロックユニット、B’zの稲葉浩志(52)が14日、東京・恵比寿ガーデンルームでJ-WAVE「SAPPORO BEER OTOAJITO」(土曜後6・0)の公開収録を行った。

 ユニット「INABA/SALAS」を組む米ギタリスト、スティーヴィー・サラス(52)と参加。2人で公の場に登場するのは初めてだ。

 稲葉は来年1月18日に発売するアルバム「CHUBBY GROOVE」のレコーディング中、サラスに抱いた“不満”を吐露。「日本語の歌詞で意味がわからなくても、音の響きが気に入らないと、『歌詞を変えてくれ』といってくる。歌詞に込めた思いがあるのに…」とボヤくと、サラスは「僕が却下しても、次の新たな言葉が出てくると確信していた」と全幅の信頼を寄せていた。

 この日の収録の模様は17日に放送される。

  • J-WAVE「SAPPOROBEEROTOAJITO」の公開収録を行った稲葉浩志(中央)とスティーヴィー・サラス(右)。左はMCのクリス・ペプラー=東京・三田
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. B’zの稲葉浩志、スティーヴィー・サラスに抱いた“不満”を吐露