2016.12.11 05:05(2/3ページ)

笑福亭鶴光の伝説ラジオ、テレビで復活!生放送に「責任持たんで」

笑福亭鶴光の伝説ラジオ、テレビで復活!生放送に「責任持たんで」

2時間生放送のトークバラエティーで司会を務める笑福亭鶴光

2時間生放送のトークバラエティーで司会を務める笑福亭鶴光【拡大】

 思春期の想像力をかき立てる内容で、1974~85年に放送された伝説の深夜番組「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」が同じ土曜夜に帰ってくる。

 「わんばんこ。鶴光でおま」「え~か? え~のんか?」などのフレーズで、当時の男子中高生から“下ネタの教祖”と呼ばれた鶴光。「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン.TV@J:COM」(来年1月14日スタート、隔週土曜後10・0)と題し、32年ぶりにレギュラー復活する。

 2時間生放送のトークバラエティーで、オープニング曲は「オールナイト-」と同じ「ビタースウィートサンバ」に決定。視聴者から寄せられた街の話題などをテーマに、鶴光が爆笑トークを展開する。

 商店街で人気の美人店員ら“街の看板娘”を紹介するコーナーなど、テレビならではの企画も検討されており、制作サイドは「『鶴光のオールナイト-』の明るさを継承しつつ、鶴光さんの同世代を含めた40~60代を元気づける内容にしたい」と制作意図を明かす。

 来年は、斉藤安弘さん(76)らニッポン放送アナウンサーが初代パーソナリティーとして1967年10月にスタートさせた「オールナイトニッポン」の50周年。その目玉として復活することに、鶴光は「テレビ化しまんねんて! なんちゅう無謀なことを考えたんか!」と驚きの表情。

【続きを読む】

  • 「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」が始まった1974年ごろの笑福亭鶴光
  • 「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン.TV@J:COM」に出演する田中美和子(ニッポン放送提供)
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 笑福亭鶴光の伝説ラジオ、テレビで復活!生放送に「責任持たんで」