2016.12.7 05:04(1/2ページ)

「とくダネ!」人気リポーター武藤まき子さん急死、虚血性心不全で

「とくダネ!」人気リポーター武藤まき子さん急死、虚血性心不全で

平幹二朗さんの通夜で三田佳子(左)にマイクを向ける武藤まき子さん=10月27日撮影

平幹二朗さんの通夜で三田佳子(左)にマイクを向ける武藤まき子さん=10月27日撮影【拡大】

 フジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜前8・0)の人気リポーターで、おまきさんの愛称で親しまれた武藤まき子さんが虚血性心不全のため亡くなっていたことが6日、分かった。71歳だった。

 複数の関係者によると、武藤さんは5日朝から体調不良を訴え、昼ごろ、横になっていた自宅のベッドで意識を失い、救急搬送された。その後、搬送先の病院で、自宅で死亡したと診断されたという。5日は夫と1人娘の長女も自宅におり、家族に看取られた。

 武藤さんは、2008年の夕刊紙のインタビューで、04年ごろ、ストレスが一因という「不定愁訴症候群」と診断されたことを告白していた。

 10月27日に東京都内で営まれた俳優、平幹二朗さん(享年82)の通夜で弔問客にマイクを向けていたのが公の場での最後の取材になったようだ。11月30日に71歳の誕生日を迎えたばかりだった。

 武藤さんは山梨県出身で、青山学院大学卒業後、広島・中国放送のアナウンサーを経て、フリーに転身。1982年に始まったフジ系「おはよう!ナイスデイ」のリポーターを務め、近年は「とくダネ!」などの情報番組を中心に出演。芸能、歌舞伎、皇室を主に担当した。

【続きを読む】

  • 虚血性心不全のため亡くなった武藤まき子さん
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 「とくダネ!」人気リポーター武藤まき子さん急死、虚血性心不全で