2016.11.28 11:00(2/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(203)】全身を使った表現で見ても楽しい漫才を目指す女性コンビ、かぎしっぽ

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(203)】

全身を使った表現で見ても楽しい漫才を目指す女性コンビ、かぎしっぽ

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
究極の女性漫才コンビを目指す、かぎしっぽのさち(左)とれおてぃ=東京・恵比寿

究極の女性漫才コンビを目指す、かぎしっぽのさち(左)とれおてぃ=東京・恵比寿【拡大】

 --さちさんの方は

 さち「私は大学在学中にお笑い養成所に入り、最初はピンでデビュー。その後、男女コンビ『モンキーザヒップ』を結成しましたが、相方がダーツのプロを目指すと言って解散しました」

 --そして結成に至った

 さち「やっぱり女子同士でコンビを組みたかった。れおてぃのコンビも、ほぼ同時期に解散したので一緒になりました」

 --どんなネタを

 れおてぃ「ダンサーだった特技を生かして、全身を使ったネタで、見ても楽しんでもらえる漫才を目指しています」

 さち「ネタの内容はバイト先の変なおじさんなど、日常にあるくだらないことがメインです」

 --目標は

 さち「2~3年の間で、漫才のスタイルを確立することです」

 れおてぃ「まずは漫才のスタイルを確立させること。そして、再びコントに挑戦したい」

 --そのために心掛けていることは

 さち「最近は日常に起きた面白かった出来事をネタにして、どのように話すかを考えるようになりました」

 れおてぃ「日常からネタを探すようになりました。自分でも、仕事への意識が高まったと思います」

 --将来は

 さち「冠番組ができたら最高ですね」

 れおてぃ「食べることが大好きなので、グルメ番組でおいしいものをいっぱい食べたい」

 12月12日に東京・下北沢空間リバティで行われる「裏ケイダッシュライブ」(午後7時開演)に出演。また、同25日は新宿Fu-+801号室でトークライブ「かぎしっぽのはなしっぽ vol.15」(同6時半開演)を開催する。頂点に向かって、女性2人が日々進化を続ける。

くらぼん

1967(昭和42)年11月22日生まれ、48歳。東京都国立市出身。83年にハンドボールの名門、明星高(東京)に進学し、インターハイ、春の選抜全国大会に出場。86年、明大に入学し、体育会ハンドボール部で合宿所生活を送る。91年産経新聞社入社。夕刊フジ営業局広告部を振り出しにサンスポ営業局事業部などを経て現在、同編集局文化報道部芸能担当。趣味はゴルフ、音楽鑑賞(洋邦ロックのみ)。独身。血液型A。

  • 究極の女性漫才コンビを目指す、かぎしっぽのさち(左)とれおてぃ=東京・恵比寿
  • 究極の女性漫才コンビを目指す、かぎしっぽのさち(左)とれおてぃ=東京・恵比寿
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(203)】全身を使った表現で見ても楽しい漫才を目指す女性コンビ、かぎしっぽ