2016.11.17 16:50

黒木メイサ、芸者シーンに照れ笑い「男の人が女装しているように感じてしまった」

黒木メイサ、芸者シーンに照れ笑い「男の人が女装しているように感じてしまった」

NHK BSプレミアム「花嵐の剣士」の会見に参加した筒井道隆(左)、黒木メイサ(中)、宅間孝行

NHK BSプレミアム「花嵐の剣士」の会見に参加した筒井道隆(左)、黒木メイサ(中)、宅間孝行【拡大】

 女優、黒木メイサ(28)が主演するNHK BSプレミアム「花嵐の剣士~幕末を生きた女剣士・中澤琴~」(来年1月14日放送、後9・0)の会見が17日、東京都内で行われた。

 激動の幕末から明治、大正、昭和を生きた男装の女剣士・中澤琴さんをモデルにしたオリジナルアクション時代劇。同作を機に中澤さんを知ったという黒木は、「すごく魅力を感じて、全力でやらせていただいた」と胸を張った。

 劇中では本格的剣術アクションを披露しており「撮影が夏だったので、体力勝負でした」と振り返る一方、ほぼ男装姿の役柄だったため、「芸者(を演じる)シーンは、男の人が女装しているように感じてしまって、ちょっと恥ずかしかった」と照れ笑い。

 共演の宅間孝行(46)は「こんなにアクションがたくさんある撮影を誰が真夏にやると決めたんだろう? メイサちゃんは大変だったと思う」と、暑さに負けない熱演を見せた黒木の役者魂を絶賛。筒井道隆(45)は黒木との共演を振り返り、「男っぽい役だったので、悪い意味じゃなくて女性らしさが全然なかった。男の人と接している気分になった」と笑わせた。

  • 黒木メイサ
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 黒木メイサ、芸者シーンに照れ笑い「男の人が女装しているように感じてしまった」