2016.10.28 11:00

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(172)】緻密だがトンチンカンなコントで注目されるトリオ、アンダーパー

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(172)】

緻密だがトンチンカンなコントで注目されるトリオ、アンダーパー

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
今年から来年にかけてブレークする未来予想図を描くアンダーパーの左から藤原丞、小道具、近藤雅彦=東京・西新宿

今年から来年にかけてブレークする未来予想図を描くアンダーパーの左から藤原丞、小道具、近藤雅彦=東京・西新宿【拡大】

 アンダーパー(プロダクション人力舎所属) ★結成・2014年 ★ツッコミ担当・藤原丞(31) ★リーダー、大ボケ担当・小道具(31)、小ボケ担当・近藤雅彦(30)

 スクールJCA(人力舎の養成所)の同期生のトリオ、アンダーパー。小道具のトンチンカンな行動に合わせ、藤原と近藤の2人がベタなネタを展開するコントで笑わせる。

 --スクールJCAの同期生

 小道具「はい。もともと、藤原と近藤が養成所で組んだコンビでした。僕は違うコンビを組んでは解散を繰り返していたので、藤原にお願いをして加入させてもらいました」

 近藤「とりあえず、様子見ということで」

 藤原「小道具は研究生というこということで加入し、現在に至ります」

 --リーダーは

 小道具「私がリーダーです!」

 藤原「リーダーを務めるのは面倒なので、小道具さんにお願いしています」

 近藤「基本的には3人の話し合いで、いろいろと決めています。トリオなので、リーダーがいた方がいいので」

 --なぜ小道具という芸名なの

 小道具「今月1日からこの芸名に変更しました。それまでは柏信(かしのぶ)圭吾という本名でした。柏信は日本で40人ぐらいしかいない珍しい名字。愛着はたっぷりなのですが、トリオを最大限に生かす小道具という理由で変更しました」

 --アンダーパーというトリオ名は

 近藤「僕は以前、ゴルフ場のフロント係をやっていまして。事務所の先輩、アンジャッシュさんのように濁音が付くと売れるという都市伝説とゴルフの好成績のアンダーパーから付けました」

 --小道具さんは元海上自衛隊員ということで

 小道具「任期満了まで頑張りました。その厳しい訓練中、任期が終わったら自分のやりたいと思う道に進もうと思い、お笑いに進みました」

 --藤原さんは既婚者とか

 藤原「2014年に結婚しました。妻は元アイドルグループのメンバーです。今は大女優になった方と一緒に活動していたようです。これ以上は勘弁してください」

 --目標は

 藤原「来年のキングオブコントで決勝進出。そのためにも、この1年はしっかりと準備していきたい」

 近藤「少ないチャンスを見逃さないよう、しっかりとやっていきたい。将来は単独で全国ツアーをやりたいですね」

 小道具「将来は『俳優、小道具』を目指したい。でも、リーダーなのでまずはトリオをしっかりとまとめることが大事ですよね」

 11月3、6日にミニホール新宿Fu-で開催される事務所の若手お笑いライブ「バカ爆走!」(ともに午後5時30分開演)に出演。気合に満ちた3人はトンチンカンだが熱い笑いを届ける。

くらぼん

1967(昭和42)年11月22日生まれ、48歳。東京都国立市出身。83年にハンドボールの名門、明星高(東京)に進学し、インターハイ、春の選抜全国大会に出場。86年、明大に入学し、体育会ハンドボール部で合宿所生活を送る。91年産経新聞社入社。夕刊フジ営業局広告部を振り出しにサンスポ営業局事業部などを経て現在、同編集局文化報道部芸能担当。趣味はゴルフ、音楽鑑賞(洋邦ロックのみ)。独身。血液型A。

  • 今年から来年にかけてブレークする未来予想図を描くアンダーパーの左から藤原丞、小道具、近藤雅彦=東京・西新宿
  • 今年から来年にかけてブレークする未来予想図を描くアンダーパーの左から藤原丞、小道具、近藤雅彦=東京・西新宿
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(172)】緻密だがトンチンカンなコントで注目されるトリオ、アンダーパー