2016.10.17 16:56

水森かおり、人生初のウエットスーツ姿に赤面「ボディーラインが恥ずかしい」

水森かおり、人生初のウエットスーツ姿に赤面「ボディーラインが恥ずかしい」

新曲「越後水原」のロングヒット記念イベントで、イルカショーに挑戦。シロイルカと記念撮影する水森かおり=横浜市金沢区

新曲「越後水原」のロングヒット記念イベントで、イルカショーに挑戦。シロイルカと記念撮影する水森かおり=横浜市金沢区【拡大】

 歌手、水森かおり(43)が17日、横浜・八景島シーパラダイスで、新曲「越後水原」のロングヒット記念イベントを開催。絶叫マシーンを体験し、イルカショーに参加するなど、大ハッスルした。

 ファンに喜んでもらおうと企画した“挑戦シリーズ”の第2弾。昨年は高さ21メートルからのバンジージャンプを敢行したが、この日は高さ107メートルから垂直落下するアトラクションに挑戦した。

 乗る前は、絶叫マシンは「大好きです」と余裕の姿勢をみせていたが、体験後には、「思ったより早い。飛んでいきそうでした。景色は全然見ていない…」と顔面蒼白。

 一方のイルカショーでは、人生初のウエットスーツ姿を披露し、「いつもはドレスなので、ボディーラインが恥ずかしい」と赤面した。それでも、係員のレクチャーを受け、シロイルカの背中に乗ることに成功し、ほっぺにキスされるなど、ご満悦の様子だった。

 また、デビュー前の短大時代、当時の彼氏と同所でデートしたことも告白した。「夜景がきれいでした。段差でつまずいたとき、助けてもらってキュンとしたな」と乙女チックに振り返った。

 抽選で招待されたファン50人を前に、「越後水原」など5曲を披露。「うまく(イルカに)乗ることができたので、おおみそかにむけて、いい波に乗っていきたい」と、NHK紅白歌合戦の14年連続出場に向けて意気込んでいた。

  • 新曲「越後水原」のロングヒット記念イベントで、イルカショーに挑戦。シロイルカの上に乗った水森かおり=横浜市金沢区
  • 新曲「越後水原」のロングヒット記念イベントで、イルカショーに挑戦。シロイルカにキスされる水森かおり=横浜市金沢区
  • 新曲「越後水原」のロングヒット記念イベントで、高さ107メートルから落下する絶叫マシーンに挑戦。苦悶の表情を浮かべる水森かおり=横浜市金沢区
  • 新曲「越後水原」のロングヒット記念イベントで、高さ107メートルから落下する絶叫マシーンに挑戦した後、苦悶の表情を浮かべる水森かおり=横浜市金沢区
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 水森かおり、人生初のウエットスーツ姿に赤面「ボディーラインが恥ずかしい」