2016.10.16 11:00(1/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(160)】軽妙なコントで頭角を現してきた苦労人コンビ、まめのき

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(160)】

軽妙なコントで頭角を現してきた苦労人コンビ、まめのき

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
七転び八起きという言葉がピッタリな苦労人コンビ、まめのきの木村直博(左)、豆山しんご=東京・豊島区要町

七転び八起きという言葉がピッタリな苦労人コンビ、まめのきの木村直博(左)、豆山しんご=東京・豊島区要町【拡大】

 まめのき(ソニー・ミュージックアーティスツ所属) ★結成・2016年 ★ツッコミ担当・木村直博(40) ★ボケ担当・豆山しんご(40)

 お笑い担当、くらぼん先輩が週末は休みたいというので、本日はちゅんが務めます。

 今回は今年2月に結成したお笑いコンビ、まめのきの登場です。コンビ歴は浅いですが、芸歴は長い苦労人。同い年のアラフォーが織りなす軽妙で息ピッタリのコントが特徴。お笑い好きに一目置かれている存在です。

 --コンビを組んだきっかけは

 木村「僕らはまだコンビを組んでから、1年経っていないんです。それまで僕は別のコンビでやっていました」

 豆山「僕はピンで全然売れなかったから…(苦笑)。もともとコンビとかトリオとかを長くやっていて、解散してのピンだったんですけど…」

 --新コンビは、いつスタートした

 木村「2016年の2月ですね。コンビを組むきっかけは、僕が前のコンビを解散して相手を探していたんです。ピンでやっていた豆山さんのライブを見て、ネタは受けていなかったけど、トークとかイジられるところが面白かったんで、声をかけました」

 --声をかけられて、どうだった

 豆山「最初はどうしようかと思ったけど、彼が作るコントを見て、面白くて、僕の方からよろしくお願いしますって言ったんです」

 --2人の魅力は軽妙なコントですよね

 木村「そうなりますかね…。ネタを作るのは僕で、豆さんが全面的に信頼してくれてやってくれているので」

 豆山「僕はプレーヤーなんです(笑)」

 --たくさんお笑いコンビがいる中で、自分たちの強みは

 木村「僕らはまだ半年くらいなので、分かりづらいところがありますが、もう、お互い40歳なんですよ」

 --同い年

 木村「はい。それぞれ苦労してきての新コンビ結成は、なかなかないと思うので、逆にそこがいいのでは」

 豆山「四十路で新コンビ結成っていう…変なヤツらですよね」

 --お笑いの連載の取材をしてきて、結成半年のコンビを取材するのは初!

 木村「そうですか。光栄っす!」

 豆山「長い目で60歳まで見ていてください」

 --お互いの嫌な部分は、まだ見えない

 木村「実際、お互い苦労している部分は知ってきているので、『豆さんこういう所ありますよ』っていうのは聞いていたりしますが、同い年っていうのもあって、気が合うなって思う」

 豆山「僕も今まで失敗してきて、心を入れ替えて一生懸命やっているんで、まだちょっとバレていないところがあるかも…」

 木村「でも、そういうのもお互いに出さないようにしようとか、出してももう大人なんで謝れるとか、いい関係ですね」

 --お笑いの世界に入ってから1度も辞めようと思ったことはない

 木村「僕は1度、辞めているんです。31歳だった約10年前、当時のコンビを解散したとき、周りを見渡しても若手しかいなかった。漫画家になろうと思って、4年半ぐらい辞めてました」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(160)】軽妙なコントで頭角を現してきた苦労人コンビ、まめのき