2016.10.14 05:03

松下奈緒、モーツァルトの旅で夢のウィーン満喫「ようやくかないました」

松下奈緒、モーツァルトの旅で夢のウィーン満喫「ようやくかないました」

ザルツブルクでモーツァルトが愛用したピアノを弾いた松下奈緒。あこがれの場所を訪れ、感激した

ザルツブルクでモーツァルトが愛用したピアノを弾いた松下奈緒。あこがれの場所を訪れ、感激した【拡大】

 女優でピアニスト、松下奈緒(31)が11月27日放送のBSフジのドキュメンタリー特番「松下奈緒 モーツァルトの結婚」(仮題、後9・0)でナビゲーターを務める。

 作曲家、モーツァルトが1791年に35歳で亡くなるまで、悪妻と呼ばれたコンスタンツェと過ごした晩年10年の結婚生活に焦点を当てる。

 松下はモーツァルトの故郷、オーストリア・ザルツブルク、首都のウィーンを8月下旬に初訪問。17歳から24歳まで住んだとされるザルツブルクの自宅では名曲「きらきら星変奏曲」の自筆楽譜を見て、愛用ピアノで同曲を演奏。音楽の都も満喫し、「いつかはウィーンへ行ってみたい。子供のころからそう思っていて、ようやくかないました!モーツァルトがなぜ今も世界中で愛されているのかをこの旅でたくさん感じた」と語った。番組では松下がモーツァルトをイメージして作曲したテーマ曲も披露。

  • ドキュメンタリー特番でナビゲーターを務める松下奈緒
  • ドキュメンタリー特番でナビゲーターを務める松下奈緒
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 松下奈緒、モーツァルトの旅で夢のウィーン満喫「ようやくかないました」