2016.10.9 12:16

川上麻衣子、谷中に家具ショップをオープン 将来は居酒屋!?/芸能ショナイ業務話

川上麻衣子、谷中に家具ショップをオープン 将来は居酒屋!?/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
ガラス工芸品とスウェーデン雑貨の店をオープンした川上麻衣子=東京・台東区谷中

ガラス工芸品とスウェーデン雑貨の店をオープンした川上麻衣子=東京・台東区谷中【拡大】

 東京には魅力的な路地裏が多い。とりわけ闇夜の中に浮かぶネオンの中に、安くておいしい居酒屋を発見したりするとたまらなくうれしくなる。三軒茶屋、下北沢、麻布十番、月島…。最近は静かで風情のある台東区谷中も注目されている。

 その谷中に通称「へび道」と呼ばれる曲がりくねった道がある。夜は闇に包まれるが、ポツポツとおいしい飲み屋も誕生している。その道からちょっとはずれたところに、酒豪で知られる女優、川上麻衣子(50)が9日、念願の店をオープンした。

 と言っても、飲み屋ではない。プロのガラス工芸作家としても知られ、スウェーデン生まれの彼女が、3年ほど前から実現を目指してきた。自らデザインしたガラス工芸品のほか、スウェーデンから直輸入する小物やふきん、家具を販売する店だ。その名を「SWEDEN GRACE」という。

 民間アパートの1階を改造した約30平方メートルの店内には、個性豊かでセンスあふれる品がズラリ。

8日に公開された映画「少女」でヒロインの母を演じるなど本業も忙しいが、「夢が実現できてうれしい。女優の仕事の合間をぬって、できる限り店に出たい」と笑顔で語った。

 ところで、川上はビール以外のアルコールに目がない。特に白ワインと日本酒が好きで、店を手伝う母親も大の日本酒好き。母親はどんなに飲んで帰っても、最後は自宅でお気に入りの日本酒で締めるほどだ。そろってお酒に目のないそんな親子の元へ、友人知人たちがオープン前から手伝いと称してお酒片手に引きもきらない。

 当然、連日のように店で飲むから、まるで居酒屋のようだという。記者が「それならいっそ、夜は『麻衣子バー』とか名前を変えて、居酒屋でもやったら」と勧めると、川上も「将来的には、それ、ありかも」と乗り気になった。美人で話題が豊富で座持ちもうまい。友人知人も多いから、ぜひ実現してほしいものだ。

 ちなみに、「SWEDEN GRACE」の住所は台東区谷中2の5の15(電)03・5834・8709。木・金・土・日・祭日の午前11時から午後7時まで開店するという。興味のある方は一度、覗いてみては。当分、お酒は置いていないが。(M)

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 川上麻衣子、谷中に家具ショップをオープン 将来は居酒屋!?/芸能ショナイ業務話