2016.10.2 05:04(2/2ページ)

手術受けていた…小林麻央、根治ではなく生活の質保つため「これからが闘い」

手術受けていた…小林麻央、根治ではなく生活の質保つため「これからが闘い」

手術を受けていたことを公式ブログで報告した小林麻央

手術を受けていたことを公式ブログで報告した小林麻央【拡大】

 また同日夜の更新では術後について「息も浅く、顔に力も入らず、ぽかーと口を開けて、微動だにせず横たわっている私。有難いことに、家族が入れ替わりで付き添ってくれました」と報告。姉でフリーアナの小林麻耶(37)が笑わせようと「本日担当の小林麻耶でぇーす」と“ブリブリな看護師”になりきっていたことを姉妹が病院でピースするツーショット写真を添え、お茶目に明かした。

 妻の前向きな思いを受け、海老蔵も同日夜のブログで「今年の春頃は手術など出来る状態ではなかったのです。本当に心の底から手術が出来て良かった」と吐露。「必ず治ると私、バカだから本当に思っているんです。あはは笑」と綴った。

★痛みなどを軽減

 QOL(クオリティー・オブ・ライフ)は、人生の質や生活の質を指す言葉。医療上の概念として、患者が自身の尊厳を保てる生活の実現を目的とした援助が重要であるという考え方で、現在の病状を考慮しながら、心身のストレスを軽減するための可能な治療や手術を行い、「QOLを維持、向上させる」などと言う。高野ビルクリニックの冨名腰文人院長(65)は麻央が受けた手術について「痛みなどの症状を軽減するための手術とみられる。痛みが和らげば精神的な不安が減るのでは」と話した。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 手術受けていた…小林麻央、根治ではなく生活の質保つため「これからが闘い」