2016.9.26 17:23

黒夢の商標権が68万1000円で落札

黒夢の商標権が68万1000円で落札

黒夢のボーカル、清春

黒夢のボーカル、清春【拡大】

 ロックユニット、黒夢の商標権4件が、東京国税局によってインターネット公売にかけられた騒動で26日、最高68万1000円で落札された。

 公売にかけられた商標は「黒夢」(2件)と「KUROYUME」「kuroyume」の計4件。落札額はいずれも見積金額を上回り、最も高額となったのは「黒夢」で68万1000円に上った。入札は36件。他の3件は20万円台で落札され、いずれも同一人物が競り落とした。売却決定日は10月5日。

 公売は官公庁が差し押さえた税金滞納者の財産(動産・不動産)をオークションで換金し、未納金を回収する手続き。

 商標権は黒夢のボーカル、清春が設立した芸能マネジメント会社が保有。清春は2012年に代表を辞任したが、同事務所が税金を滞納したため、公売にかけられた。

 公売は23日午後1時から入札が開始、26日午後1時に締め切られた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 黒夢の商標権が68万1000円で落札