2016.9.20 11:00(2/3ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(134)】自虐ネタを音楽に乗せて爆笑を誘う名古屋生まれの黒人ギター侍

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(134)】

自虐ネタを音楽に乗せて爆笑を誘う名古屋生まれの黒人ギター侍

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
自称「見た目は黒でも中身は草食系黄色人種」という異色ハーフ芸人、ぶらっくさむらい=東京・豊島区

自称「見た目は黒でも中身は草食系黄色人種」という異色ハーフ芸人、ぶらっくさむらい=東京・豊島区【拡大】

 --帰国した理由は

 「母親とかに『そろそろ戻ってきなさい』って言われたので(苦笑)。それで日本に戻ってきて、ちょっと音楽をやっていたんですけど、日本の音楽シーンってアニソンとかアイドルとかが流行している時期で、僕は年齢も30歳を超えてたのでジャンル的に厳しいなって思ったんですね」

 --それでどうして、お笑いの道へ

 「いろいろネットとかを見ていたら、お笑いでAMEMIYAさんって方がギター漫談で『冷やし中華始めました~♪』っていうのを歌っていて、こういうスタイルもあるんだと知って、AMEMIYAさんがいる事務所を調べたら、今の事務所だったんです」

 --自分からドアをたたいたんですね

 「そうですね。もうひとつ言うと他の事務所も調べたんですけど、どこも養成所に入学しないといけなくて、今の事務所は誰でも来ていいよみたいな感じだったので、ここにしました」

 --ピン芸人ではなくて、コンビを組もうとは考えなかった

 「考えなかったですね。半年から1年ぐらいは笑い取れなくて悩みましたけれど…。一人の方が、自分がやりたいスタンスでやれますから」

 --芸人としてスタートしたのはいつから

 「2012年の9月ですね」

 --最終的にお笑いにたどり着いた

 「はい。最初は訳が分からないネタとかやってたんですよね。僕はギターの弾き語りができるんですけど、あるとき、自分はハーフだという生い立ちを面白おかしく歌ったら、初めて笑いが取れたんです。こういう感じの方がウケるんだと分かって、そこからは自分のことを音楽ネタ、歌ネタにしてやっていますね」

 --音楽ネタだと、お笑いコンビ、テツandトモのなんでだろ~♪が2003年の新語・流行語大賞を取りました

 「そうですよね。僕も頑張りたいですね」

【続きを読む】

  • 自称「見た目は黒でも中身は草食系黄色人種」という異色ハーフ芸人、ぶらっくさむらい=東京・豊島区
  • 自称「見た目は黒でも中身は草食系黄色人種」という異色ハーフ芸人、ぶらっくさむらい=東京・豊島区
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(134)】自虐ネタを音楽に乗せて爆笑を誘う名古屋生まれの黒人ギター侍