2016.9.18 11:00(2/3ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(132)】インパクトのあるコントとルックス?で天下を狙うコンビ、ヒデヨシ

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(132)】

インパクトのあるコントとルックス?で天下を狙うコンビ、ヒデヨシ

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
コンビ格差があっても仲良しのヒデヨシ(左から岡本知己、ゆうき)。コントだけでなく、脱いでもスゴイんです!=東京・下目黒

コンビ格差があっても仲良しのヒデヨシ(左から岡本知己、ゆうき)。コントだけでなく、脱いでもスゴイんです!=東京・下目黒【拡大】

 --仰々(ぎょうぎょう)しいコンビ名ですね

 ゆうき「みなさんから『天下統一しようって意味でしょ?』って聞かれるんですが、そんな気はさらさらないです。脇の方で生きていければと」

 --では、由来は

 ゆうき「僕がズラーっと並べた候補から、相方に選んでもらいました」

 岡本「『ヒデヨシ』が短くて一番良かった。他の候補は長くて文章になっているんですよ」

 --例えば

 ゆうき「一番気に入っていたのは、『太陽は本当に東から昇るのだろうか』ですね(笑)」

 --結成の経緯は

 ゆうき「もともと同じ事務所で違うコンビを組んでいて、同じタイミングで解散したので、『じゃあ』と。男女がお互い彼氏、彼女の相談をしていて、別れて、気づいたら『一緒にいたね』みたいな感じ」

 --ヒデヨシの魅力は

 岡本「相方の変なキャラですね」

 ゆうき「でも、キャラコントではないんです。シチュエーションが混じり合った逸品といったところです。他の芸人にはない部分? 独創性の強い発想でしょうか」

 --ゆうきさんは舞台の脚本・演出家としても活動されていますね

 ゆうき「10年前からです。岡本さんが不甲斐ないから自分で職を探した方がいいんじゃなかと。コントを書いているので、『長い脚本を書いてみない?』と頼まれて始めました」

 --(小声で)コンビとどっちが楽しい

 岡本「僕、部屋から出た方がいいですか?」

 ゆうき「いてくれていいよ。脚本です(笑)」

 --相方が舞台の仕事をしているとき、岡本さんは何をしている

 岡本「草むしりしたり、釣りに行ったり、悠々自適な生活を送っています」

 --収入は

 ゆうき「コンビ格差はありますよ。話したことはないですが、相方が恨めしい目で見てくるときはありますね」

 岡本「僕はギャラの取り分を5対5にしねぇかなとずーっと思っています(笑)」

【続きを読む】

  • コンビ格差があっても仲良しのヒデヨシ(左から岡本知己、ゆうき)。コントだけでなく、脱いでもスゴイんです!=東京・下目黒
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(132)】インパクトのあるコントとルックス?で天下を狙うコンビ、ヒデヨシ