2016.9.13 12:16

フリーアナウンサーに転身した元SKE48、柴田阿弥の未来とは?/芸能ショナイ業務話

フリーアナウンサーに転身した元SKE48、柴田阿弥の未来とは?/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
SKE48
フリーアナウンサーに転進した元SKE48の柴田阿弥

フリーアナウンサーに転進した元SKE48の柴田阿弥【拡大】

 8月31日にアイドルグループ、SKE48を卒業した柴田阿弥(23)が、9月からフリーアナウンサーに転身。女性フリーアナを多数擁する芸能事務所、セント・フォースに所属して第2の人生をスタートさせた。

 卒業公演からわずか数日後、本人に今回の決断について取材。卒業の翌日以降は家族旅行や友人と食事をしてゆっくり過ごしたといい、「今まで握手会がない週末を想像できなかったので、私の中では斬新です」と素直に卒業の実感を口にした。

 2010年に加入したSKEでは初期こそ無名だったが、13年に選抜総選挙の速報結果で8位に入り、注目された。「一生、SKEの選抜にも入れないと思っていたので、あれから人生が変わりました」。その年は最終結果で17位に入り、14年から2年連続で選抜入りを達成。大きな目を見開いて大げさなカメラ目線をする姿が話題になってバラエティー番組にも呼ばれ、シンデレラストーリーを体現してきた。

 2年前の総選挙でアイドル人生が軌道に乗ったにもかかわらず、その時から将来を模索して卒業を意識。6年前にアイドルになるときも、卒業するときも、今回のフリーアナ転身も、誰にも相談せず一人で決めたという。

 「夢をかなえるためのステップというAKB48グループのコンセプト通りに卒業しました。ソロで活躍して再来年のSKE結成10周年に“ドヤ顔”で帰ることが夢です(笑)。恋愛が解禁されましたが、何より早く売れたいなと思います」と熱い思いが止まらない。

 AKBグループでは歌手や女優を志すメンバーが多い中、フリーアナ転身をかなえたのはレアケース。だが、フリーアナの世界は、全国から集まる即戦力の局アナ出身者、才色兼備なミスキャンパス出身者らがおり、アイドルとはまた違った競争社会だろう。

 姉妹グループの無名メンバーから、AKBの選抜メンバーに出世を果たして卒業した“あやちゃん”。夢をたぐり寄せてきた芯の強さで、新しいマーケットを開拓していく。(カモミール)

  • フリーアナウンサーに転進した元SKE48の柴田阿弥
  • フリーアナウンサーに転進した元SKE48の柴田阿弥
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. フリーアナウンサーに転身した元SKE48、柴田阿弥の未来とは?/芸能ショナイ業務話