2016.9.12 23:30

中島貞夫監督、最新作「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」の試写会に出席

中島貞夫監督、最新作「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」の試写会に出席

日本外国特派員協会で開かれた最新作「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」の試写会に出席した中島貞夫監督

日本外国特派員協会で開かれた最新作「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」の試写会に出席した中島貞夫監督【拡大】

 映画監督、中島貞夫氏(82)が12日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で行われた最新作「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」(12月3日公開)の試写会に出席した。

 中島氏にとっては「極道の妻(おんな)たち 決着(けじめ)」(1998年)以来、17年ぶりの作品で、京都で撮影された時代劇映画の草創期から現在までのドキュメンタリー。

 外国人記者から、今後の時代劇について問われた中島氏は「最近では歴史が好きな『歴女』や日本刀などに強い興味を持つ『刀女子』と呼ばれる女性が増えた。チャンバラというパフォーマンスそのものに興味を持つ女性が増えると思う」と期待した。

 近年は製作費などの問題で時代劇映画やテレビドラマが減少。最近の期待の時代劇作品についてを問われると、映画「超高速! 参勤交代」シリーズを挙げ、「当時の侍の生きざまを現代の目線から見ており、時代劇の新しい側面を見せている。アクションもあざといわけではなく、時代劇のリアリティーを失わないおもしろさを志向している」と絶賛していた。

 イベントでは殺陣師集団、東映剣会のメンバーが、70年の歴史を持つ同所で初めて殺陣を実演され、外国人記者から大きな拍手が起こった。

 また、10月16日に「京都国際映画祭2016」(同13~16日)の一環として、京都市東山区の京都国立博物館で特別上映されることも発表された。

  • 日本外国特派員協会で開かれた最新作「時代劇は死なずちゃんばら美学考」の試写会に出席した中島貞夫監督(後列中央)と前列左から東映剣会の堀田貴裕、本山力、中村彩実、木村康志、後列左は清家三彦
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 中島貞夫監督、最新作「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」の試写会に出席