2016.9.8 05:04(3/3ページ)

20年パラリンピックへの架け橋に!櫻井翔、「車いすバスケ」ドラマに出演

20年パラリンピックへの架け橋に!櫻井翔、「車いすバスケ」ドラマに出演

特集:
車いすバスケ日本代表時代の京谷和幸氏。パラリンピック4大会連続出場の実績を誇る =2006年撮影

車いすバスケ日本代表時代の京谷和幸氏。パラリンピック4大会連続出場の実績を誇る =2006年撮影【拡大】

 自身は小学4年から中学2年までサッカーを経験し、同作で車いすバスケを実演。パラリンピック日本代表アシスタントコーチとしてリオでの決戦を控える京谷氏から、大会後に直接指導を受けることも計画中だ。

 櫻井は「人間ドラマも見どころ。主人公が立ち上がっていくときの泥臭さ、夫婦の深い愛情など、シーンごとに見る人によっても感じ方が違ってくると思います」と力を込める。

 日本テレビ系「NEWS ZERO」のキャスターとして培った洞察力もいかし、アスリートの挫折と復活、家族の絆を丁寧に演じ上げる。

京谷 和幸(きょうや・かずゆき)

 1971(昭和46)年8月13日生まれ、45歳。北海道出身。小学2年からサッカーを始め、地元の強豪、室蘭大谷高卒業後の90年、古河電工(現J2千葉)に入社。翌91年にプロ契約を結び、Jリーグが開幕した93年に公式戦デビューを果たしたが、交通事故で脊髄を損傷して選手生命を絶たれる。94年、車いすバスケに転向し、2000年のシドニー・パラリンピックから4大会連続で出場。12年のロンドンを最後に引退し、指導者となる。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 20年パラリンピックへの架け橋に!櫻井翔、「車いすバスケ」ドラマに出演