2016.9.6 11:00(2/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(120)】月20本以上のライブをこなす実力派ピン芸人、ギフト☆矢野

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(120)】

月20本以上のライブをこなす実力派ピン芸人、ギフト☆矢野

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
1人2役を演じるコントを披露する実力派ピン芸人、ギフト☆矢野=東京・豊島区

1人2役を演じるコントを披露する実力派ピン芸人、ギフト☆矢野=東京・豊島区【拡大】

 --あのころの安村さんは飛ぶ鳥を落とす勢いでした

 「そうですよ。僕にとって初めてのタイトルで、しかも安村さんに勝てるとは全く思っていなかったので、本当にうれしかったですね」

 --反響はあった

 「受賞後の単独ライブはソールドアウトでした。まわりの人たちも喜んでくれて、活躍することが一番の恩返しになるということを実感しました」

 --来年は10周年の節目になにかやってみたら

 「いいですね。最近は自主的にライブをやっていますので、なにか考えてみようかな」

 --今後の目標は

 「僕のことを知れば知るほど、愛してもらえるようになると周りからよく言われます。だから、もっとたくさんの人に知ってもらえるようになりたい。そのためには、もっとテレビに出られるように頑張らないと。ゆくゆくは日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』に出て、自分の境地を極めてみたいです」

 24日に東京・下北沢のしもきた空間リバティで単独ライブ「だまってみてたアイツよりよっぽどステキ。」(午後3時、同7時の2回公演)を開催。ライブシーンで活躍する実力派が、お茶の間を席巻する日は目前だ。

くらぼん

1967(昭和42)年11月22日生まれ、48歳。東京都国立市出身。83年にハンドボールの名門、明星高(東京)に進学し、インターハイ、春の選抜全国大会に出場。86年、明大に入学し、体育会ハンドボール部で合宿所生活を送る。91年産経新聞社入社。夕刊フジ営業局広告部を振り出しにサンスポ営業局事業部などを経て現在、同編集局文化報道部芸能担当。趣味はゴルフ、音楽鑑賞(洋邦ロックのみ)。独身。血液型A。

  • 1人2役を演じるコントを披露する実力派ピン芸人、ギフト☆矢野=東京・豊島区
  • 1人2役を演じるコントを披露する実力派ピン芸人、ギフト☆矢野=東京・豊島区
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(120)】月20本以上のライブをこなす実力派ピン芸人、ギフト☆矢野