2016.9.3 05:03(4/4ページ)

【ヒューマン】輝き続ける“ニッキ”錦織一清、SMAPを「後輩だけど尊敬」

【ヒューマン】

輝き続ける“ニッキ”錦織一清、SMAPを「後輩だけど尊敬」

特集:
SMAP解散

 少年隊は現在、ソロ活動が中心。3人での仕事は08年の「プレゾン」以来、遠ざかっているが、「腰の曲がった3人がなんとなくステップを踏んでいたらかっこいい。『おじいちゃんたちが踊るの!?』って子供たちをびっくりさせたい」と“復活ステージ”を楽しそうに想像する。

 おじいちゃんになっても少年隊・錦織はあっと言わせてくれるはずだ。

★舞台「おたふく物語」出演中

 「おたふく物語」で、主演の藤山から思いを寄せられる男を演じる錦織は「僕はあまり惚れられないから、『惚れられる芝居をしてください』って言われても難しいよね」と苦笑。少年隊で唯一の独身だが、「離婚はしたくないから、『ちゃんとした人を』と思っていたら、探しあぐねてこの歳になっちゃった。慎重すぎたのもある」と自虐的に笑わせた。

錦織一清(にしきおり・かずきよ)

 1965(昭和40)年5月22日生まれ、51歳。東京都出身。77年、ジャニーズ事務所入所。82年に東山紀之、植草克秀と少年隊を結成。85年に「仮面舞踏会」でレコードデビュー。NHK紅白歌合戦に86年から8年連続で出場。ミュージカル「PLAYZONE」に86年から2008年まで23年連続で少年隊として主演。95年に「プレゾン」で演出家デビューし、「熱海殺人事件」「寝盗られ宗介」などを演出。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ヒューマン】輝き続ける“ニッキ”錦織一清、SMAPを「後輩だけど尊敬」