2016.8.19 11:00(1/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(102)】居酒屋店長としても活躍するピン芸人、井上虫歯二本

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(102)】

居酒屋店長としても活躍するピン芸人、井上虫歯二本

居酒屋店長としても活躍するピン芸人、井上虫歯二本=東京・阿佐谷

居酒屋店長としても活躍するピン芸人、井上虫歯二本=東京・阿佐谷【拡大】

 井上虫歯二本(37、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)★デビュー2009年

 くらぼん記者が休みのため、MM記者が代打を務めます! 今回は居酒屋店長としても活躍するピン芸人、井上虫歯二本の登場。特技のヒッチハイクで仕入れたエピソードトークが持ち味で、存分に人生のエピソードを語ってもらいました。

 --自己紹介を

 「居酒屋を2店舗経営してまして、今は芸人というより店長業が忙しく…。本当の芸人さんからすると『なめんなよ』って感じかもです(笑)」

 --芸歴は

 「NSC(吉本総合芸能学院)出身で、最初は『カプチーノ中毒』というコンビを結成しました。応援団にふんし、ふんどし姿でお尻を太鼓代わりに叩くネタでTBS系『あらびき団』に出演しました。けど、相方の事情で解散しました」

 --次は

 「韓国人の女性とガーナ人の男性と僕と『三国子』というトリオを結成しました。女性は韓国語だけ話せて、男性はガーナ人なのに日本語だけ話せる、僕は日本人なのに滑舌が悪いという設定で、かみ合わない感じをウリにしたコントをやっていました。キングオブコントの予選にも出場しましたが、天然な性格のガーナ人がコントをトチって、さらに、女性のビザが切れて韓国に帰国してしまい解散…。おもしろいエピソードですよね(笑)」

 --ピンでの芸風は

 「主にフリップ芸ですが、東京駅のラーメン店でアルバイトをしていたとき、運命的な出会いがありまして」

 --どんな?

 「僕は福岡・北九州市の出身ですが、閉店間際の午後11時に九州から来たという男性が酔っ払って入ってきて。相当酔っていたので仕方なく、店を閉めてから男性が宿泊しているホテルに送っていったんです。そしたら翌日、その男性がまた来店して、おすしを持っておわびに来てくれて。その後、その男性がきっかけであるパーティーに出席することになり、芸人なので舞台であいさつを頼まれて『芸人ですが、大好きな居酒屋もやりたいです』と言ってみたら、たまたま今のお店を紹介してくれた人と出会ったんです」

 --店長になってからお笑いは

 「毎日接客する中で、自分の人生を振り返るとトリオの解散だったり、楽しいエピソードトークでお客さんを楽しませることができるのではと考えています」

 --特技というヒッチハイクとの出会いは

 「2014年から店長をやってるんですが、ちょうどそのころ、高校の友だちの結婚式のスピーチを頼まれて。正直、相手とのエピソードもなかったし、式場のある地元までヒッチハイクで行けば、感動物語になるかなと思って」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(102)】居酒屋店長としても活躍するピン芸人、井上虫歯二本