2016.8.4 05:05(2/3ページ)

「さんまのまんま」9月いっぱいで終了…31年6カ月の歴史に幕

「さんまのまんま」9月いっぱいで終了…31年6カ月の歴史に幕

「さんまのまんま」85年4月8日放送分

「さんまのまんま」85年4月8日放送分【拡大】

 絶妙な話術でお茶の間にスターの素顔を届けてきた長寿トーク番組が、歴史に幕を閉じる。「さんまのまんま」が、9月25日放送分でレギュラー放送を終了することになった。

 さんまの自宅に見立てたセットに、ゲストがインターホンを鳴らして訪問。お土産をもってきたゲストを、さんまが飲み物でもてなし、台本のない自由なトークを繰り広げる。ゲストの魅力や本音を引き出すお笑い怪獣の話術が人気だった。

 番組は1985年4月、初回ゲストにタレント、榊原郁恵(57)を迎えて産声を上げた。制作するカンテレのおひざ元、関西地区ではゴールデンタイムで平均視聴率20%(ビデオリサーチ調べ)を超える人気番組となり、87年1月12日放送分(ゲストは秋吉久美子)で番組最高の31・8%を記録した。

 タイムリーなゲストも次々と登場した。元妻の女優、大竹しのぶ(59)と初共演したのもこの番組で、結婚前の86年2月にさんまの持ちギャグ「パーでんねん」を大竹にやらせ、話題になった。

 曜日は何度か変遷したが、関西では午後7時台で放送。2009年4月から現在の土曜の昼に移行。関東地区では09年9月まで深夜枠で放送していたが、同10月から日曜午後1時台に移行。関西の放送翌日に同じ映像が流された。

【続きを読む】

  • 明石家さんまと犬の人気キャラクター、まんまのかけあいも魅力だった「さんまのまんま」。9月でレギュラー放送を終了することになった
  • 「さんまのまんま」96年4月9日放送分
  • 「さんまのまんま」99年10月6日放送分
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 「さんまのまんま」9月いっぱいで終了…31年6カ月の歴史に幕