2016.8.1 11:00(2/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(84)】ジャンルを問わず、オールラウンドなコントを披露するコンビ、ロビンフット

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(84)】

ジャンルを問わず、オールラウンドなコントを披露するコンビ、ロビンフット

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
2人ともいろんなシチュエーションのネタ作りができる万能系! ロビンフットのおぐ(左)とマー坊=東京・豊島区

2人ともいろんなシチュエーションのネタ作りができる万能系! ロビンフットのおぐ(左)とマー坊=東京・豊島区【拡大】

 --おぐさんは大阪に帰ったとき、芸人を辞めようと思った

 おぐ「はい。当時、つき合っていた彼女を残して上京していたので。芸人をやめて結婚しようと思っていました」

 --彼女とは

 おぐ「その後、1年くらいは遠距離恋愛をしていたのですが…悲しい結末を迎えました」

 --ほかにエピソードは

 マー坊「相方は2014年のR-1ぐらんぷりで決勝に進出しました」

 --仕事は増えた

 マー坊「コンビで少しだけは。そのバブルはパッとはじけました。当時から一緒に水道メーターの検針のバイトをやっていますが、今でもなかなか辞められません」

 --目標は

 おぐ「キングオブコントの優勝ですかね」

 マー坊「同じく」

 --個人では

 おぐ「ガールズバーが大好きなので、経営してみたい。どうすればお客がたくさん入るかというビジョンはあります」

 マー坊「僕は40歳になったので、バイトをせずに普通にご飯が食べられるようになりたい。そろそろ、大阪の両親を安心させたいですね」

 19日に東京・下北沢のしもきた空間リバティで、若手芸人らとの新ネタライブ「ネタ9VS vol.8」(午後7時開演)に出演。円熟味が増したが、常に新しいことに挑戦し続けるコントは必見。努力を重ねた2人だからこそ、羽ばたくときの翼は力強いに違いない。

くらぼん

1967(昭和42)年11月22日生まれ、48歳。東京都国立市出身。83年にハンドボールの名門、明星高(東京)に進学し、インターハイ、春の選抜全国大会に出場。86年、明大に入学し、体育会ハンドボール部で合宿所生活を送る。91年産経新聞社入社。夕刊フジ営業局広告部を振り出しにサンスポ営業局事業部などを経て現在、同編集局文化報道部芸能担当。趣味はゴルフ、音楽鑑賞(洋邦ロックのみ)。独身。血液型A。

  • 2人ともいろんなシチュエーションのネタ作りができる万能系!ロビンフットのおぐ(左)とマー坊=東京・豊島区
  • 2人ともいろんなシチュエーションのネタ作りができる万能系!ロビンフットのおぐ(左)とマー坊=東京・豊島区
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(84)】ジャンルを問わず、オールラウンドなコントを披露するコンビ、ロビンフット