2016.7.24 11:00(2/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(76)】コント中に骨折したため、漫才で頂点を目指すオキシジェン

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(76)】

コント中に骨折したため、漫才で頂点を目指すオキシジェン

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
声の大きさを武器に「M-1」制覇を狙うオキシジェンの三好博道(左)と田中知史=東京・下目黒

声の大きさを武器に「M-1」制覇を狙うオキシジェンの三好博道(左)と田中知史=東京・下目黒【拡大】

 --漫才にした理由は

 田中「番組のネタ見せに行くと、『もっとスゴいのないの?』といわれるようになって。でも、僕らプロレスラーじゃないんで。そのとき僕がケガしちゃって…」

 三好「2010年の『キングオブコント』の2回戦で、ネタの最中に右足を折っちゃったんですよ。『クリスト』(相手の頭に両足で飛びついて2回転し、関節技を掛ける技)をやったときに、1回転目でボキッて…。まだネタ開始1分ですからね(笑)」

 田中「そのまま最後までやりました。それで手術して、動くコントができないから漫才を作ったんです」

 --漫才の内容は

 田中「主に三好が言う悪口です」

 三好「オブラートに包んでますよ。最近よくやっているのが、田中が流すBGMに乗せて軽やかに悪口を。売れてない芸人のゴシップとか」

 --次は誰の悪口を

 三好「最近気になるのは客に手を出す芸人ですねぇ。今、ネットで手を出されたお客さんが感想を書く掲示板があって、それを見て本人に裏を取ってます(笑)」

 --田中さんは人気漫画「名探偵コナン」の原作者、青山剛昌さん(53)のいとこって本当ですか

 田中「はい。一族の運を全部アイツが持っていっています(苦笑)」

 --売れるためにアドバイスを受けたことは

 田中「昔から言われているのが『名前が悪い』。でも、学生時代からの名前なので変に愛着があって…」

 三好「覚えづらいのはよくないですよね」

 田中「いとこの剛昌には『カツカレーにした方がいいよ。みんな大好きだし』といわれます」

 --いい名前ですね

 三好「僕もいいと思いますよ。20代前半のときはとがっていたんでしょうね。以前、バナナマンの設楽さんにも言われたんです。『覚えづらいからホタテーズはどう?』って。でも、『そんな適当につけられてもな~』って思って、お断りしちゃったんです」

 田中「で、今は別のコンビが『ホタテーズ』を名乗っています。もらっておけばよかったかな」

 --来年の15年目の節目で、『ホタテカレー』にしたらどうですか

 三好「シーフードカレーみたいになっちゃいますね(笑)。でも、いずれは変えようと思っています」

 --今後の目標は

 三好「やはり『M-1』優勝ですね。と、田中が言ったと書いておいてください」

 8月20日には鳥取・倉吉未来中心で開催される「名探偵コナンまつり」で司会を担当。同27日には東京・文京区の尚美バリオホールで行われるお笑いライブ「ホリプロ2016ガチバトル!」に出演する。「オキシジェン」の名前での出演は残りわずかかもしれない?!ので、お見逃しなく!

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(76)】コント中に骨折したため、漫才で頂点を目指すオキシジェン