2016.7.13 17:04

マック赤坂氏、都知事選候補者ながら公開討論会に“乱入”失敗 明菜の歌を大音量で流す

マック赤坂氏、都知事選候補者ながら公開討論会に“乱入”失敗 明菜の歌を大音量で流す

路上に止めた車から中森明菜の「北ウイング」を大音量で流し、羽根扇子を手に踊るマック赤坂氏=東京・内幸町(撮影・梶川浩伸)

路上に止めた車から中森明菜の「北ウイング」を大音量で流し、羽根扇子を手に踊るマック赤坂氏=東京・内幸町(撮影・梶川浩伸)【拡大】

 東京都知事選(14日告示、31日投開票)をめぐり、立候補を表明している4氏による公開討論会が13日午後、東京・内幸町の日本記者クラブで行われた。しかし、招待されていない政治団体代表のマック赤坂氏(67)が会場に入ろうとして阻止され、建物の外で“選挙カー”を使って大音量の音楽を流すという珍事が起きた。赤坂氏も立候補を表明している。

 討論会に参加したのは、元日弁連会長の宇都宮健児氏(69)、元防衛相の小池百合子氏(63)、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)、元総務相の増田寛也氏(64)。

 一方で、“飛び入り参加”をたくらんだのが赤坂氏だった。会場の扉が閉められ、討論会が始まった直後、中に入ろうとしたのだ。係員が扉を押さえ、かんぬきもかけて侵入を阻止。1分ほど赤坂氏は扉を押したり引いたりしていたが、警備員に建物の外に連れ出された。

 その後一時姿を消したが、約1時間20分後、閉会の直前に“選挙カー”で会場の前に現れた。今度は、中森明菜の「北ウイング」を大音量で流し続けた。選挙カーの上に上ると羽根扇子を手に踊り続けた。そして約20分で立ち去った。

 赤坂氏は前日の12日夜、日本青年会議所が東京・赤坂で開いた立候補予定者5人による公開討論会にも姿を見せていた。このときは開始直後突然、客席で立ち上がり、「公職選挙法違反です!」と大声を出した。さらに「同じ(供託金の)300万円払っていながら、一部候補予定者だけ壇上に呼んで!」などと叫び続け、主催者側から強制的に会場の外に出されるという“前科”を起こしていた。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. マック赤坂氏、都知事選候補者ながら公開討論会に“乱入”失敗 明菜の歌を大音量で流す