2016.7.6 11:00

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(59)】東京進出目前の実力派女性コンビ、尼神インター

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(59)】

東京進出目前の実力派女性コンビ、尼神インター

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
妄想的な恋愛漫才を披露する尼神インターの誠子(左)と渚=東京・新宿

妄想的な恋愛漫才を披露する尼神インターの誠子(左)と渚=東京・新宿【拡大】

 尼神(あまこう)インター (よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属) ★結成・2007年 ★ツッコミ担当・渚(31) ★ボケ担当・誠子(せいこ、27)

 関西の若手芸人登竜門のひとつ、毎日放送「オールザッツ漫才2015」で優勝した実力派女性コンビ、尼神インター。ぶりっ子キャラの誠子が妄想するボケた恋愛話を、渚がするどくつっこむ漫才で人気急上昇中だ。

 --関西では大活躍ですね

 誠子「まだまだですよ。昨年のM-1グランプリは敗者復活戦までは進めたのですが…今年は女性コンビ初の優勝を目指したいです」

 --M-1は、やはり特別ですか

 誠子「はい。高校3年生のときに初めてM-1を見て、お笑いをやりたいと思いまして。大学進学が決まっていたのですが、親に頼んでNSC(吉本興業のお笑い養成所)に入りました。親は最初は渋っていましたが、『あんたの見た目を生かせるから、芸人さんはええかもよ』と許してくれました」

 --渚さんは

 渚「私は高校を卒業するときに、これ以上勉強をしたくなかったので、思いついたのが芸人さんでした。その前に5~6年はNSCに入るために大工さんとして働いてお金を貯めてから、芸人の道に入りました」

 --渚さんは手に職をつけてからですが、まわりの反応は

 渚「4~5歳上の親方だったのですが、もともとアーティストを目指して海外にも行っていた方だったので、夢を持っていた私を応援してくれました。親は自由にしていいと、反対はされませんでした」

 --2人はNSCの同期で

 2人「はい」

 --ネタは恋愛中心とのことですが、プライベートでは

 誠子「彼氏はいませんが、吉本の先輩芸人、藤崎マーケットのトキさんに片思いをしていまして。告白して、玉砕したことがあるのですが、あきらめきれなくて、まだ追っかけています。今度、USJでデートをする約束を取りつけました」

 --恋が実ればいいですね

 誠子「はい。つきあいたい(照)」

--渚さんは

 渚「大工さんをやっているときにつきあっていた彼氏がいたのですが、別れてから5~6年はいません」

 --今は募集中

 渚「私は特別に求めてはいないのですが。前に付き合っていた方より、いい男性が現れたらおつきあいしたいですね」

 --芸人さんは男社会。女性にとって不便なことはありますか

 誠子「私は学生時代、全然男子から話しかけられなくて。だから、男の芸人さんから話しかけられると、すぐに好きなっちゃいます。ほれっぽくて、恋愛体質で困っちゃいます。ウフフ?」

 渚「私は昔から男友達が多いし、大工さんをやっていたから困ったことはないですね。私は楽屋で普通に着替えたりするので、逆に男の人の方が困っているかも」

 --恋バナとかはする

 誠子「私は話すのですが、渚さんは興味がないので盛り上がりません」

 --結婚願望は

 誠子「好きな人としたいですね。子供は男の子1人、女の子1人がいい。夫に尽くしたいので、出産したら引退して家事と育児に専念したいです」

 渚「好きな人ができてら結婚をして、子供は自然な感じで。生きていくためにお金は必要ですので、出産をしても仕事は続けたいですね」

 --東京進出は

 2人「1日でも早くしたいです!」

 誠子「今、大阪の吉本の方とタイミングについて話し合っています」

 --東京に来たら、どんな仕事をしてみたい 

 誠子「月9ドラマのヒロインになりたい。ストーリーは、タイプが違うイケメンの男子2人が私を取り合うような」

 渚「ひとつ夢がありまして。笑福亭鶴瓶師匠と街ロケに行くことです。あとは、海外に行ったことがないので、パリのエッフェル塔にロケで行ってみたいですね。ニューヨークの自由の女神も本当にあるのか、この目で確認したいですね」

 --最大の夢や目標は

 誠子「私はNHKの朝ドラのヒロインですね。一度、オーディションを受けてみたいです」

 渚「絶対に大丈夫と保証されているなら、宇宙に行ってみたいですね。そのためには、お金が必要ですよね」

 --なにか言い残したことは

 誠子「私たちのライブは男性のお客さまが少ないので、男性のみなさまも、ぜひ来てください。そしてライブ終わりに連絡先つきのお手紙を待っています」

 渚「私のことを女の子が好きだと思っている人がいるようですが、普通に男性が好きです」

 大阪・難波のよしもと漫才劇場に出演中。東京では24日に世田谷区民会館で行われる「大阪よしもと漫才博覧会」(午後1時開演)に登場。また、誠子は22日にCOWCOW・多田健二(41)、横澤夏子(25)、フルーツポンチ・村上健志(35)とウザいオンナがテーマのものまねライブ「ウザ女 AND THE CITY」にも出演する。

 ブレーク寸前の2人を、ぜひこの目で確かめてほしい。

くらぼん

1967(昭和42)年11月22日生まれ、48歳。東京都国立市出身。83年にハンドボールの名門、明星高(東京)に進学し、インターハイ、春の選抜全国大会に出場。86年、明大に入学し、体育会ハンドボール部で合宿所生活を送る。91年産経新聞社入社。夕刊フジ営業局広告部を振り出しにサンスポ営業局事業部などを経て現在、同編集局文化報道部芸能担当。趣味はゴルフ、音楽鑑賞(洋邦ロックのみ)。独身。血液型A。

  • 妄想的な恋愛漫才を披露する尼神インターの誠子(左)と渚=東京・新宿
  • 妄想的な恋愛漫才を披露する尼神インターの誠子(左)と渚=東京・新宿
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(59)】東京進出目前の実力派女性コンビ、尼神インター