2016.6.21 11:00(2/3ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(44)】関西で大人気の女性コンビ、アルミカン。次の目標は全国制覇だ

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(44)】

関西で大人気の女性コンビ、アルミカン。次の目標は全国制覇だ

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
アルミカンのセクシー担当、高橋沙織(右)とオバチャン担当の赤阪侑子=東京・大手町

アルミカンのセクシー担当、高橋沙織(右)とオバチャン担当の赤阪侑子=東京・大手町【拡大】

 --高橋さんの応援は男性限定

 高橋「男性が多いですね」

 赤阪「とにかく、この子は男の視線ばかりを意識して、露出度が高い服ばかりを着ていますから。この間、胸元が空いた服を着ていたときに、近くのおじちゃんからガン見されていたのに『ええねん。今日はサービスデーや』と隠さへんし」

 高橋「見せられるときは、人生でも短いですから。今、見てもらわんと、いつ見せるんですか」

 --なんとうれしいお言葉を。赤阪さんの方は

 赤阪「私は生まれてから32年、一度も彼氏がいません。出会いを求めて合コンとか婚活パーティーにも行っているのですが、成果はなくて」

 高橋「この間、ええとこまで行ったんでしょう」

 赤阪「みんなでご飯に行った男性から、2人で会おうと誘われて。食事の後にラブホテルに誘われまして。ついに、この時が来たかと心を躍らせながら部屋に入ったのですが…」

 --それで

 赤阪「その男は同世代で、金持ちでもなんでもないのに、体だけの男女関係の仲になってくれと頼まれて。セフレ(セックスフレンド)ですわ。ショックのあまり、私からハグだけしてから、部屋を飛び出しました」

 --高橋さんの方はモテモテ

 高橋「逆に私は自分から男性との交際を求めていなくて。結構前の話ですが、ある男性と付き合うことになったのに忘れてしまい、違う人からの告白をOKしてしまいまして」

 --二股になった

 高橋「もう少しあったような…。これ以上はノーコメントということで…」

 --なぜ芸人に

 高橋「高校では演劇部だったのですが、観客を笑わせると気持ちが良くて。神戸大2回生(年生)の時、親から反対されたのですが、松竹芸能タレントスクールに入りました。親にはサークルみたいな感じで学生をやりながら養成所に通うと説明して。親とは少しもめましたが、そのまま芸人に」

 赤阪「私は内気な性格だったのですが、楽しいことがやりたいと大阪芸大を卒業してから、松竹芸能タレントスクールに入りました。実は、ずっと父には内緒で、最近打ち明けました」

 --お父様はなんと

【続きを読む】

  • アルミカンのセクシー担当、高橋沙織(右)とオバチャン担当の赤阪侑子=東京・大手町
  • アルミカンのセクシー担当、高橋沙織(右)とオバチャン担当の赤阪侑子=東京・大手町
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(44)】関西で大人気の女性コンビ、アルミカン。次の目標は全国制覇だ