2016.6.18 05:04(2/4ページ)

【ヒューマン】内博貴、ジャニーさんの親心に恩返しを!

【ヒューマン】

内博貴、ジャニーさんの親心に恩返しを!

 端正な顔立ちに1メートル76のスラリとしたスタイル。舞台映えする体形に加え、色気のある声も併せ持つ内は、ミュージカル俳優として大成。男盛りの30歳を前に出会った主演作「グレイト・ギャツビー」は念願の演目だった。

 「20代の最後にふさわしい作品にしたい。今まで培ってきたものを出せたら」とギャツビー役にかける並々ならぬ覚悟を口にした。

 これまで何度も映画化、舞台化されてきた同作は、愛する人のために巨万の富を得るも、悲運な運命をたどる主人公の物語。内は米俳優、レオナルド・ディカプリオ(41)が主演した映画版「華麗なるギャツビー」(2013年)を観て心が揺さぶられた。

 「ひとりの女性のために成り上がって、お城みたいな家まで建てる。誰も仲間もいないのに、ひとりで。エネルギッシュなギャツビーの生きざまに惚れて、演じてみたいと思った」

 初めてプロデューサーに上演を直談判し、同役を獲得した。役者として充実した日々を送るが、順風満帆に活躍するまでには苦難もあった。

 1999年に12歳でジャニーズ事務所に入所。2003年にNEWS、04年に関ジャニ∞のメンバーとしてデビューし、2グループを掛け持ちする多忙な日々。仲間でもあり、ライバルでもあるメンバーとはなかなか打ち解けられなかった。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ヒューマン】内博貴、ジャニーさんの親心に恩返しを!