2016.6.13 11:00(1/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(36)】自由人に憧れるリサーチ芸人、パーティ内山

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(36)】

自由人に憧れるリサーチ芸人、パーティ内山

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
マニアックなフリーペーパーからネタを作るパーティ内山。独特の世界観に注目だ=東京・目黒

マニアックなフリーペーパーからネタを作るパーティ内山。独特の世界観に注目だ=東京・目黒【拡大】

 パーティ内山(34、グレープカンパニー所属) ★デビュー・2006年

 マニアックなテーマを徹底的にリサーチして、フリップ漫談を披露するピン芸人、パーティ内山。柔らかな物腰で語りかけるネタは見るものを笑いへと導く。

 --お笑いを目指したきっかけは

 内山「子供のころに、高田純次さんの自由な感じの雰囲気に憧れました。お笑いをなんとなくやりたいと思っていましたが、決意したのは大学3年のころです」

 --就活もした

 内山「はい。でも、卒業後は芸人の養成学校に入り、プロの芸人になりました」

 --ずっとピン芸人

 内山「そうです。デビューしてから、しばらくは一人コントをやっていました」

 --ネタの路線変更はいつから

 内山「4~5年前から。そのころ一発ギャグがすべりまくりで、コントが作れなくなり、悩みました。そんなある日、身近なところからネタを作れるのではと思いつき、ヒット曲の歌詞をいじるネタを書きました。また、フリーペーパーのマニアックな世界の面白さに気づいて、これも面白いかなと思いつきました」

 --フリーペーパーネタはどんな内容

 内山「将棋のフリーペーパーに掲載されている『将棋女子』コーナーについてなどです。かなりオタク度が高くて、一般の人には分かりにくいところをつっこんでいます。そうしているうちに、フリーペーパーの収集を始めるようになりました」

 --どんなジャンルのフリーペーターを

 内山「さまざまなジャンルで、1カ月に200誌は読みます」

【続きを読む】

  • マニアックなフリーペーパーからネタを作るパーティ内山。独特の世界観に注目だ=東京・目黒
  • マニアックなフリーペーパーからネタを作るパーティ内山。独特の世界観に注目だ=東京・目黒
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(36)】自由人に憧れるリサーチ芸人、パーティ内山