2016.6.12 11:00(3/6ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(35)】男心をくすぐる宴会芸で爆笑さらう美人お笑いコンビ、バーゲンセール

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(35)】

男心をくすぐる宴会芸で爆笑さらう美人お笑いコンビ、バーゲンセール

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
女性お笑いコンビ、バーゲンセールのわさびちゃん(左)と上原正子。服が破れてセクシーコスチュームがあらわな持ちネタを披露=東京・大手町

女性お笑いコンビ、バーゲンセールのわさびちゃん(左)と上原正子。服が破れてセクシーコスチュームがあらわな持ちネタを披露=東京・大手町【拡大】

 --極寒の中で絆が結ばれた

 上原「はい。本当にそうなんですよ」

 わさび「その話、実は続きがあるんですけど、絆が生まれたのに映画はお蔵入りしたんです」

 --えーーー!?

 上原「そうなんですよ。ほぼ撮り終えた次の日に撮影現場に集合したら、(撮影を止めると)言われたんですよ」

 わさび「『今回は予算も尽きて限界です』という感じのことをね」

 --普通はあり得ない話ですよ

 上原「そうでしょう。配給会社が決まらないとかはあるかもしれないですけど…。お金が底を尽きたって」

 わさび「私たちは『腐った作品になってもいいから世に出して。そうしたら私たちは経歴に書けるから』とお願いしたんですけど、ダメでした。でも、経歴に書けない幻の作品を一緒に頑張った中で絆が生まれたんです」

 --それはいつの出来事

 わさび「3年前の2月ですね」

 --そんな昔の話じゃないんですね

 上原「そう。結構、最近のこと。それで知り合った感じです」

 --それで一緒にやろうと決めた

 わさび「はい。でも、特にお笑いをやろうと思ってなかったんですよ。アイドルユニットと同じイメージで、2人組ユニットとして歌が得意なので、『歌のライブに出てもいいし、コントをやってもいいね』って話をして。芸人になるなんて恐れ多いと思っていて、そこまで考えていなかった。でも、そういうネタを作ったりして楽しくやっているうちに、まわりから『あなたたち、芸人だよね』って言われるようになったんですよ」

 --自分たち発信ではなくて、まわりから

 上原「そうなんですよ。芸人は憧れだったけれど、でも『芸人です』って自己紹介できる程じゃないって思っていたので、ちょっと悩んだ時期もありました」

 わさび「でも、みんなに言ってもらえるから、芸人として勝負に出ようという感覚で、オスカーさんにお世話になることに決めたんです」

【続きを読む】

  • 女性お笑いコンビ、バーゲンセールのわさびちゃん(左)と上原正子。服が破れてセクシーコスチュームがあらわな持ちネタを披露=東京・大手町
  • 女性お笑いコンビ、バーゲンセールのわさびちゃん(左)と上原正子。服が破れてセクシーコスチュームがあらわな持ちネタを披露=東京・大手町