2016.6.5 12:07(2/4ページ)

【ビッくらぼんの芸人日記(28)】サイキック芸人で復活、キック

【ビッくらぼんの芸人日記(28)】

サイキック芸人で復活、キック

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
瞑想するキック=東京・下目黒

瞑想するキック=東京・下目黒【拡大】

 --デビュー前は会社員だったそうですね

 「フジテレビでADをやっていました。でも、もともとプレーヤーとして表に出たかったという思いがあって、実際にテレビの仕事に携わることでより『こっちがやりたい!』と。入社して1年半ぐらいで辞めました」

 --その後すぐ芸人に

 「ホリプロの養成所で半年ぐらい修行して、今の事務所でやるようになりました」

 --ホリプロを選んだ理由は

 「それは家が近かったからです。通いやすいから(笑)。大事ですよ、それは」

 --サイキック芸人になったきっかけは

 「2008年1月の特番で関東最高峰のパワースポット、埼玉・秩父の三峰神社に行ったんです。芸人を10組ぐらい10日間閉じ込めて、超能力が本当に出るかという番組で(笑)。そのオーディションの監修していたのが、カリスマ超能力の秋山眞人先生。『彼はものすごい力を持っている!』って言ってくださってロケに呼ばれました」

 --どんなことをしたんですか

 「マークを書いた紙コップ(5個中1個)を当てる透視を、ひたすらやる。失敗すると昼飯がみそ汁だけ。4日目ぐらいに参加者の女の子が『見える!』って言い初めて、十数回連続で当てるんです。最終日には紙コップ500個のうち、マークの付いていない499個をリレーで外していき、14時間かかって成功させたんです」

 --へぇ~

 「そこで、僕はもともと超能力とか懐疑派だったんですが、バチーン!と振り切れました。そのころ、『エンタの神様』とかレギュラー番組がなくなっていたので、再起のキック…“再キック”は“サイキック”なんだと! それで、ロケの翌日に秋山先生に『弟子入りさせてください!』とお願いしました」

 --サイキック芸人のネタは何ですか

 「実地ですね。『割りばしを名刺で切る』とか、『透視』『ダウジングでものを探す』『負けないじゃんけん』『ハイテンションタロット占い』とか。UFOを呼ぶものを含めて、代表作は8つぐらいかな。良かったら占いますよ?」

 --いいんですか

 「タロット業界のある方には『100年に一度の天才。コレは確実に当たる』といわれています。ものすごく嘘っぽいですけど、本当に当たるんです」

 --彼女ができるか占ってください!

 「では、素敵な彼女ができるか、できるためにはどうすればいいのかを占います。声を張ってもいいですか? ハイ! テン! ション! タロット! ♪こっしーさんに彼女ができるかどうかを占え~る~。(中略)ドゥーンドゥーンドゥドゥーン…すぐにできるぅ~!」

 --(笑)

 「コレは『戦車のカード』で、攻めていくカード。こっしーさんは本気になって前のめりに探しに行けば、すぐできます。絶対当たります」

【続きを読む】

  • 得意の「ハイテンションタロット占い」を披露するキック=東京・下目黒
  • サイキック芸人として“再起”したキック=東京・下目黒
  • ヨガポーズを披露するキック=東京・下目黒