2016.5.29 18:51

クマにかまれた78歳女性、頭部蹴り脱出 1週間のけが

クマにかまれた78歳女性、頭部蹴り脱出 1週間のけが

 29日午前8時45分ごろ、秋田県鹿角市十和田大湯の山林で、タケノコ採りをしていた青森県新郷村戸来上栃棚前、無職村井ツマさん(78)がクマに襲われた。尻をかまれ1週間の傷を負ったが、叫びながら頭部を蹴りつけ、クマがひるんだ隙に逃げ出した。

 鹿角署によると、村井さんは息子と2人でタケノコ採りをしていたところ、体長約1・2メートルのクマ1頭と遭遇した。叫び声を聞いた息子が駆け付け、村井さんを逃がしたという。

 現場付近では今月21、22両日、山菜採りに来た秋田県の男性2人が相次いでクマに襲われ、死亡している。

 29日には同県五城目町でも、田んぼで農作業をしていた女性(78)がクマに襲われ、頭と右腕にけがをした。命に別条はないという。