2016.5.28 11:00(2/3ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(20)】ハーバード大大学院修了のセクシーチョコレート、REINA 米国から“逆輸入”された超インテリ日本人女芸人

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(20)】

ハーバード大大学院修了のセクシーチョコレート、REINA 米国から“逆輸入”された超インテリ日本人女芸人

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
スゴすぎる経歴からお笑いの世界に飛び込んだREINA。米国から逆輸入の“ハイスペック”新人!=東京・中目黒

スゴすぎる経歴からお笑いの世界に飛び込んだREINA。米国から逆輸入の“ハイスペック”新人!=東京・中目黒【拡大】

 --すごい経歴! ハーバードといえばショーンKことショーン・マクアードル・川上氏の経歴詐称が大問題になったが、REINAさんは…

 「もちろん大丈夫です! 本当にあのニュースはびっくりしました。私はちゃんと証明書類を提出してますから」

 --CIAは、なぜ行かなかった

 「素行調査に時間がかかるため、その間に受験したハーバードの大学院に受かったからです。CIAで働くチャンスは今後もあると思い、せっかく受かったハーバードに行きたかった」

 --何を専攻していた

 「グローバルセキュリティーです。その中でも中東のセキュリティー、テロ対策について学んでいました。イラク、モロッコ、トルコにリサーチにも行きました。テロについて学ぼうと思ったのは、13歳のころに起きた9・11(2001年の米中枢同時テロ)がきっかけです」

 --FBIにも合格したが就職はしなかった

 「素行調査の間、1年間は別のところで仕事をしてもいいといわれてロイターに就職しました。シンガポールでコンサルティングをしながら、中東テロの組織、人物のリサーチなどをしていました」

 --その後、来日する

 「父が鳥取、母が岐阜出身で夏休みに日本に来たことがありましたが、一度は住んでみたくて、シンガポールから近いのでそのまま来てしまいました。最初に住んだところは、門前仲町の外国人向けマンスリーマンション。東京は街がキレイですね」

 --日本で何をしようと思ったのか

 「本当はジャーナリストになりたかったのですが、日本語が話せても日本人としての一般常識がないし、読み書きが得意ではないから難しいと思いました。偶然、ウィキペディアで日本の芸能事務所を見ていて一番下にスクロールしたら『ワタナベエンターテインメント』があって、ホームページで養成学校の募集をみつけて『面白そう!』と思って受けたら、トントントンと…」

【続きを読む】

  • スゴすぎる経歴からお笑いの世界に飛び込んだREINA。米国から逆輸入の“ハイスペック”新人!=東京・中目黒