2016.5.26 11:00(2/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(18)】柔道初段の2人がタッグを組む体育会系コンビ、トム・ブラウン

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(18)】

柔道初段の2人がタッグを組む体育会系コンビ、トム・ブラウン

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
ともに柔道初段というトム・ブラウンの布川ひろき(左)とみちお=東京・恵比寿

ともに柔道初段というトム・ブラウンの布川ひろき(左)とみちお=東京・恵比寿【拡大】

 --2人とも柔道初段

 布川「同じ高校の柔道部で、僕は主将でした」

 --卒業直後に結成した

 布川「いえ。卒業前に僕が誘ったのですが、断られました」

 みちお「僕はプロのスノーボーダーを目指していましたので」

 --コンビを組んだ理由は

 みちお「本格的にプロスノーボーダーを目指すために専門の学校に入ったのですが、周囲とのレベルが違いすぎて。インストラクターの資格は取れたのですが、選手には届かなかった」

 布川「僕はちがうコンビを結成して、地元(札幌市)でオーディションを受けて合格。デビューして、ローカル番組ではピンでMCもやりました」

 --どんどん2人の距離が離れていく感じだが

 布川「やはり、東京でやってみたくて。友人から、みちおがプロスノーボーダーをあきらめたと聞いたので、声をかけました」

 みちお「一度断った僕を誘ってくれたので、そのときは素直にうれしかったですね。テレビで(布川が)頑張っている姿を見ていましたから」

 --ネタ作りは

 布川「2人で。お互いに話し合って、詰めていきます」

 -もし自分が相方より先に売れたら

 布川「素直にうれしいと思うでしょう。違う角度の仕事を見つけられるようにがんばりたい」

 みちお「ぼく自身はないと思う。相方が仕事をしている間は旅行にでも行こうかな」

 --逆に自分が先に売れたら

 布川「日テレの『世界の果てまでイッテQ!』の過酷なロケに挑戦したい。僕はこれまで『きつい』『怖い』とか一度も思ったことがないので、本物のしんどさを味わってみたい」

 みちお「僕は大好きなホラー映画に出てみたい。監督に頼んで、相方はゾンビ役にしてあげる」

 -今後の目標は

 みちお「北海道出身なので、東京と北海道のテレビ番組でレギュラーを持ちたいですね」

 布川「同郷のタカアンドトシさんのような、1+1=2でなく、3や4の力を発揮するコンビになりたい。あと、僕らと同じ名前の『トム・ブラウン』というファッションブランドがあるので、そこのファッションショーでランウェイを闊歩したいですね」

 お笑いにとどまらず、映画、モデルと夢が広がる2人。7月27日に東京・新宿・Vatios(午後7時30分開演)で単独ライブを開催し、8月に札幌、長崎でも行う予定だ。