2016.5.26 05:00(2/2ページ)

菜々緒が非悪女キャラ宣言!? 月9デビューで意外な配役「自分が恋愛するドラマは初めて」

菜々緒が非悪女キャラ宣言!? 月9デビューで意外な配役「自分が恋愛するドラマは初めて」

「好きな人がいること」で月9デビューする菜々緒

「好きな人がいること」で月9デビューする菜々緒【拡大】

 菜々緒が、非悪女キャラ宣言!?

 ドラマは海辺のレストランを舞台に、パティシエの主人公・美咲(桐谷)がイケメン三兄弟(山崎賢人=21、三浦翔平=27、野村周平=22)とシェアハウスしながら恋愛模様を繰り広げるラブコメディー。

 菜々緒が演じるのは、美咲の初恋相手・千秋(三浦)の大学時代の同級生で、ボストン帰りのピアニスト、高月楓。ハイスペックな大人の魅力にあふれ、猪突(ちょとつ)猛進型の美咲があこがれる心優しい理想の女性だ。

 2014年のフジ系「ファーストクラス」でのヒロインを陥れる雑誌編集者役や、昨年10月期の同局系「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」でのヒロインを執拗(しつよう)に狙うキャバクラ嬢役など、アクの強い悪役を数多く演じ、唯一無二のポジジョンを築きあげてきた菜々緒にとって、今回は真逆の設定となる。

 制作サイドは「菜々緒さんの悪女的なパブリックイメージをうまく生かし、いかにもヒロインの強力なライバルと見せつつ、先入観を裏切る作りになれば」と狙いの意図を説明する。

 月9初出演の菜々緒は「率直に、すごくうれしかった」と喜び、「若い皆さまに負けないよう、お姉さんとして頑張っていかないと」と気合たっぷり。

 “ただの友達”と言い張る千秋との関係性も気になるところで、「恋愛ドラマは悪女役や変わった役などで出たことがありますが、自分がしっかり恋愛するドラマはおそらく初めて」と菜々緒。

 「私が出る時点で“悪女だろうな”と思われる方が多いと思うのですが、今回は違って、毎話毎話いろんな一面が出てくる人間味のある役で、自分でも本当に楽しみ。話を追うごとにいろいろと明らかになっていく高月楓という存在が、物語を刺激するいいスパイスとなれるよう頑張ります」と意気込んでいる。

  • 「好きな人がいること」で月9デビューが決まった菜々緒。美脚も存分に披露してくれそうだ
  • 「好きな人がいること」に出演する左から三浦翔平、桐谷美玲、山崎賢人、野村周平
  • 「好きな人がいること」に出演する桐谷美玲
  • 「好きな人がいること」に出演する佐野ひなこ