2016.5.23 11:00

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(15)】型にはまらない、演劇的なコントで勝負するフレンチぶる

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(15)】

型にはまらない、演劇的なコントで勝負するフレンチぶる

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
フレンチぶるの加瀬部駿介(左)と大西翔=東京・恵比寿

フレンチぶるの加瀬部駿介(左)と大西翔=東京・恵比寿【拡大】

 フレンチぶる(ケイダッシュステージ所属) ★結成・2012年 ★ツッコミ&ボケ担当・加瀬部駿介(28) ★ツッコミ&ボケ担当・大西翔(25)

 濃い顔に丸刈り頭でマッチョな加瀬部と、イケメンの大西がボーイズラブをネタにしたコントが持ち味。対照的な雰囲気の2人のコントラストで笑いを誘う。

 --結成のきっかけは

 加瀬部「違うコンビでやっていたころからの知り合いです。お互い解散して、結成しました」

 --加瀬部さんはマッチョですね

 加瀬部「高校、大学とアメリカンフットボールをやっていました。高校時代は神奈川県選抜にも選ばれました」

 --では、なぜお笑いの道へ

 加瀬部「中学生の頃にダウンタウンの松本人志さんに憧れて」

 大西「僕は小学生の頃に教室でコントをしていました。クラスの人気者的な存在でしたよ」

 --お笑い一筋の人生ですね

 大西「ぼくは法政大学3年のときに、芸人養成所に入って。就活もしたのですが、おかげさまでデビューすることができました」

 --ネタ作りは

 加瀬部「2人でじっくりと作ります。『愛』という言葉が大好きなので、愛に包まれたコント作りを目指しています」

 大西「とにかく『愛』ですよ。相方は女の子からの恋愛相談とか受けたり。また、女子会とかに違和感なく参加したり。見た目と逆で…」

 --アメフット選手が…ちょっと以外ですが

 加瀬部「女の子の友達は多いですね。相談されると、真剣に受け止めることはできますよ。恋バナとか大好きです」

 --自分だけ先に売れたら

 加瀬部「ロケ番組に出たいですね。そこで名前を売って、2人でネタ番組に出たい」

 大西「MCができるように頑張りたい。そしてバナナマンさんみたいに2人で器用にこなせる芸人になりたいですね」

 ボケ、ツッコミではなく、緻密な演技で2人は客席を圧巻させる。

 6月3日に東京・渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールで行われる「ケイダッシュライブ2016夏」に出演する。

  • フレンチぶるの加瀬部駿介(左)と大西翔=東京・恵比寿