2016.5.16 16:47

KABA.ちゃんが“女性の声”TV初公開「自分でも裏声なのか地声なのか分からない」

KABA.ちゃんが“女性の声”TV初公開「自分でも裏声なのか地声なのか分からない」

KABA.ちゃん

KABA.ちゃん【拡大】

 タレント、KABA.ちゃん(46)が16日、フジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に生出演し、3月にタイで性別適合手術と声帯手術を終えた後、初めてテレビで“女性の声”を披露した。

 スタジオにKABA.ちゃんが登場し、司会のバナナマン・設楽統(43)が「KABA.ちゃん、おかえりなさい」と声を掛けると、KABA.ちゃんは手術前とは明らかに異なる高い声質で「設楽さん、ただいまー」と第一声を放った。

 設楽が「これ作ってる声じゃなくて自然にそれ?」と驚くと、KABA.ちゃんは「これしか出ないんです。自分でも裏声なのか地声なのか分からないんです」と戸惑いを口にしながらも、女性の体と声になり嬉しい様子。

 「のどぼとけの下辺りを切開して…」と手術の方法を話すKABA.ちゃんは、「時間たつと、どんどん落ち着いてきて、もう少し(声が)低くなる」と術後の声質の変化を説明。「低い声がずっとコンプレックスだったので嬉しいんですけど、ただどのくらいに(声質が)落ち着くのか…」と高い声質になった感想を漏らした。

 今後についてKABA.ちゃんは、「戸籍を女性にして、名前も変えて…。(名前は)親が考えてくれている」と戸籍変更の意向を明かした。