2016.5.8 08:00

小雪×松潤→入山×志尊 「きみはペット」13年ぶりドラマ化

小雪×松潤→入山×志尊 「きみはペット」13年ぶりドラマ化

入山法子

入山法子【拡大】

 女優、入山法子(30)がフジテレビ系で深夜に放送されるドラマ「きみはペット」(放送日未定、全16話)に主演することが7日、分かった。原作はキャリアウーマンとペット志望のイケメンとの同居生活を描いた同名人気漫画で、13年ぶりにドラマ化。W主演の“ペット”役には若手注目株の志尊淳(21)が決まり、新たな美男美女コンビで名作が帰ってくる!

 同作は、累計発行部数420万部を記録した漫画家、小川彌生氏の代表作の実写化。高学歴で容姿端麗のスミレ(入山)と、謎のイケメンペット・モモ(志尊)との奇妙な同居生活を描いたラブコメディー。

 2003年には女優、小雪(39)と嵐の松本潤(32)でドラマ化され、11年には韓国でも俳優、チャン・グンソク(28)と女優、キム・ハヌル(38)で映画化された人気作だ。

 毎回、キャスティングが大きな注目を集める「きみはペット」。13年ぶりにドラマ化するにあたり、白羽の矢が立ったのが、化粧品メーカー「ちふれ」のCMで透明感のある美しさが話題となった入山と、「烈車戦隊トッキュウジャー」で主演を務め人気上昇中の志尊だ。

 11年のフジ系昼ドラ「霧に棲む悪魔」以来、約5年ぶりの主演作に挑む入山は、「原作は昔読んでいたので、まさかスミレちゃんのオファーが来るとは思わずびっくりでした」と感激。「スミレちゃんとは境遇は違いますが、実は泣き虫で不器用すぎるところにとても共感しますし、ペットを飼っている点は一緒ですかね。ただ年下の男の子を飼うのは初めてですが」と笑い、「きゅんきゅんして、笑って泣ける素晴らしい作品になると思いますので、楽しみにしていてください!」とアピールしている。

 原作や過去のドラマ版、映画版を見て役作りに励んでいる志尊は、「モモの内側に秘めている思い、ペットでいるときのかわいらしさ、ダンスに対して持つ情熱など、繊細な気持ちの部分をしっかり演じられたら」と気合十分。「視聴者の皆様に『こんなペットを私も飼いたい!』と思って頂けるように頑張ります!」と熱演を誓った。