2016.5.7 05:00

少林寺拳法からピアノまで…マルチな才女、青山美郷がNHK時代劇ヒロインに

少林寺拳法からピアノまで…マルチな才女、青山美郷がNHK時代劇ヒロインに

NHK時代劇「鼠、江戸を疾(はし)る2」でヒロインに抜擢された青山美郷

NHK時代劇「鼠、江戸を疾(はし)る2」でヒロインに抜擢された青山美郷【拡大】

 多彩な役を巧みに演じて評判の女優、青山美郷(みさと=21)がNHK時代劇「鼠、江戸を疾(はし)る2」(木曜後8・0)でヒロインに抜擢された。弱き善を助け強き悪を懲らしめる主人公・次郎吉(滝沢秀明)の妹、小袖を熱演中だ。

 殺陣は初めてだが、剣道と少林寺拳法はいずれも1級の腕前。次郎吉とともに悪を剣で倒す場面は、キュートな町娘から一転、滝沢に見劣りしないすごみと体の切れ味を見せるが、「私なんか、とても…滝沢さんが体を回転させたり蹴る場面は、CGかと思うほどすごい」と謙遜する。

 兵庫県出身。現在、大学3年で1人暮らし。「家事はすべて自分で。料理は和食中心ですが、ブルーチーズなどを使ったくせのあるものも好きで作ります」。コンテンポラリーダンスが得意で、日本舞踊も始めた。ピアノの弾き語りも特技の1つと多才。「中森明菜さんや中島みゆきさん、松任谷由実さんが好き。いつか劇中でも歌いたい」と目を輝かせた。

 脚本家、三谷幸喜氏(54)の大ファンで三谷氏の舞台やドラマ、映画はほとんど見ている。「もちろん大河ドラマ『真田丸』も見ています。大河も朝ドラも、いつか出てみたい。夢ですね」。所属事務所が5年前に立ち上げた劇団のリーダーを務め、小劇場を中心に腕を磨いてきた。底知れぬポテンシャルが開花する日は、そう遠くない。