2016.5.4 14:02

爆笑・太田、「笑点」司会に色気も…「一番良いのはタモリさん」

爆笑・太田、「笑点」司会に色気も…「一番良いのはタモリさん」

ラジオ番組で、「笑点」司会後任について盛り上がった爆笑問題の田中裕二(左)と太田光

ラジオ番組で、「笑点」司会後任について盛り上がった爆笑問題の田中裕二(左)と太田光【拡大】

 お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(50)が3日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・0)で、日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜後5・30)の大喜利コーナーの司会を務める落語家、桂歌丸(79)の後任に触れ、「オファーがきていなくても、僕はやるつもりでいる。スケジュールはあけて待っています」と色気を見せた。

 太田は番組冒頭、「今度『笑点』の司会が始まるじゃないですか」とあたかも決まったかのように話すと、相方の田中裕二はテレビのワイドショーなどで後任として名前が挙がっていることを認めながら、まだ決定していないと突っ込んだ。

 「(事務所に)オファーがきていなくても、僕はやるつもりでいる。スケジュールはあけて待っています」と前向きに話す太田に対し、田中は「候補の1人に名前が挙がること自体にびっくりした。笑いましたよ」とコメント。これに太田は気分を害したように、「当たり前じゃないですか。他に誰がいるんですか」と反論した。

 田中はタレント、ビートたけしも候補に挙がっていたことを口にしながら、たけしと会ったときに後任について話したことを披露。たけしは笑いながら「俺が司会やったら、作家全部なくすからな」と言っていたという。さらに、初代司会者の故立川談志さんの当時を振り返って、若い落語家の回答に「気に入らねぇ」と言い、「大変だったんだよ。説教しはじめて。談志師匠のあれ、ひどかったぞ」とエピソードを語りながら、「今から考えたら、あんなもん続くわけねぇ」と言い切ったそうだ。

 太田はたけしの動向を気にするそぶりを見せながら、「俺は、(『笑点』司会後任に)一番良いのはタモリさんだと思います」ときっぱり。「いいとも」時代からタモリに『笑点』の司会狙ってと訴えていたことを明かしつつ、「タモリさんなら、確実に長寿でそのまま続きます」と予想した。それでも「俺は、1年は続ける自信はある」と付け足し、自身の司会就任についても諦めてはいなかった。