2016.5.1 07:00

小田和正、大分・別府公演を決意!延期考えるも「前に進めよう」

小田和正、大分・別府公演を決意!延期考えるも「前に進めよう」

特集:
地下が熱い!先取りアイドル&アーティスト
ツアー初日を迎えた小田和正。花道を疾走するなど約3時間にわたり、パワフルに歌い続けた=静岡・袋井市

ツアー初日を迎えた小田和正。花道を疾走するなど約3時間にわたり、パワフルに歌い続けた=静岡・袋井市【拡大】

 シンガー・ソングライター、小田和正(68)が30日、静岡エコパアリーナで全国ツアーをスタートさせた。

 ベスト盤「あの日 あの時」を引っさげ、24カ所48公演を行うツアー初日の本編ラスト。約8000人が見守る中、収録曲「君住む街へ」を熱唱中、遠くにいる大切な人への思いを綴った歌詞が涙で歌えなくなった。

 2011年の東日本大震災同様、東京都内でツアーのリハーサル中だった先月14日に熊本地震が発生し、被災者への思いがこみ上げた。5月14、15日には被害を受けた大分・別府公演があり、ベスト盤の発売中止やツアーの延期も考えたが、「前に進めよう」と開催を決断。「自分たちが何をしたらいいのか、ツアーを続けながら考えていきたい」と力を込めた。

 2日付のオリコンアルバムランキング首位獲得最年長アーティストを記録したベスト盤「あの日-」の収録曲を中心に、映画「64-ロクヨン-前編/後編」の主題歌「風は止んだ」を初披露。被災地に届けとばかり、透明感のあるハイトーンボイスを響かせた。

  • ツアー初日を迎えた小田和正。花道を疾走するなど約3時間にわたり、パワフルに歌い続けた=静岡・袋井市
  • ツアー初日を迎えた小田和正。花道を疾走するなど約3時間にわたり、パワフルに歌い続けた=静岡・袋井市
  • ツアー初日を迎えた小田和正。花道を疾走するなど約3時間にわたり、パワフルに歌い続けた=静岡・袋井市
  • ツアー初日を迎えた小田和正。花道を疾走するなど約3時間にわたり、パワフルに歌い続けた=静岡・袋井市
  • ツアー初日を迎えた小田和正。花道を疾走するなど約3時間にわたり、パワフルに歌い続けた=静岡・袋井市
  • ツアー初日を迎えた小田和正。花道を疾走するなど約3時間にわたり、パワフルに歌い続けた=静岡・袋井市
  • ツアー初日を迎えた小田和正。花道を疾走するなど約3時間にわたり、パワフルに歌い続けた=静岡・袋井市