2016.4.26 05:05(2/3ページ)

前田健が心肺停止で救急搬送、直前テレビロケで胸の痛み訴えていた

前田健が心肺停止で救急搬送、直前テレビロケで胸の痛み訴えていた

心肺停止状態で搬送され、ICUで治療を受けている前田健。意識は戻っておらず、予断を許さない状態が続いている

心肺停止状態で搬送され、ICUで治療を受けている前田健。意識は戻っておらず、予断を許さない状態が続いている【拡大】

 アイドル歌手、松浦亜弥(29)のものまねでブレークしたまえけんに、一体何が起こったのか-。

 警視庁四谷署などによると、前田は24日午後7時15分ごろ、新宿3丁目の繁華街の交差点でおう吐し、その場に倒れた。心肺停止状態だったという。目立った外傷はなく、事件に巻き込まれた可能性は低いとみられる。

 現場近くのパチンコ店副店長(34)によると、医大生カップルがあおむけで倒れていた前田を発見し、心臓マッサージを施した。その後、パチンコ店へ自動体外式除細動器(AED)を取りに来た医大生と店員らで介抱し、AEDを使用した。

 前田の目は半開き状態だったといい、副店長は「その時は弱いけど脈はあった。呼び掛けても反応はなく、『カッ…カッ…』と口が動いていた」と振り返った。トレードマークのハンチング帽は脱げていたため、「酔っぱらいが倒れていると思って対応した。前田さんとは気づかなかった」と話す。前田は駆けつけた救急隊員によって再びAEDを受け、新宿区内の病院に搬送された。

 倒れる直前まで前田は、現場から約70メートルしか離れていない行きつけのパスタ店で食事していた。店員によると1人で入店し、パスタとパン、コーラを注文。自身のツイッターにパスタの写真を投稿していた。

【続きを読む】

  • 心肺停止状態で搬送され、ICUで治療を受けている前田健。意識は戻っておらず、予断を許さない状態が続いている
  • 前田健が倒れいてた末広通りの交差点。現場には、おう吐した痕跡が残っていた=東京・新宿3丁目
  • 前田健が倒れいてた現場。路上には嘔吐した痕跡が残っている=東京・新宿区新宿3丁目
  • 前田健が倒れいてた現場。路上には嘔吐した痕跡が残っている=東京・新宿区新宿3丁目
  • 前田健が倒れる直前に食事をしていたイタリア料理店=東京・新宿区新宿3丁目
  • 前田健が倒れる直前に食事をしていたイタリア料理店で、報道陣の質問に答える店員=東京・新宿区新宿3丁目