2016.4.23 05:02

原田悠里、故郷・熊本へ歌って支援「被害が広がらないことを祈る」

原田悠里、故郷・熊本へ歌って支援「被害が広がらないことを祈る」

地震が続く故郷を思いやった原田悠里(大阪市浪速区)

地震が続く故郷を思いやった原田悠里(大阪市浪速区)【拡大】

 デビュー35周年を迎えた演歌歌手、原田悠里(61)が22日、新曲「女・・みぞれ雨」のキャンペーンで大阪市浪速区のサンケイスポーツを訪れ、地震が続く故郷・熊本県への思いを語った。

 本渡市(現・天草市)生まれ。今も現地に住む親族らは無事だったというが「被災した人たちの恐怖と不安でいっぱいの心を考えると…。これ以上被害が広がらないことを祈るばかりです」。今後、ディナーショーの会場に募金箱を置くなどして支援するといい、「来月(5月)には熊本に帰りたい」と力を込めた。

 新曲は恩師、北島三郎(79)がプロデュース。「演歌のエキスが詰まった歌。40周年、50周年に向けた第一歩として大事に歌っていきたい」とアピールした。

  • 地震が続く故郷を思いやった原田悠里(大阪市浪速区)
  • 地震が続く故郷を思いやった原田悠里(大阪市浪速区)
  • 地震が続く故郷を思いやった原田悠里(大阪市浪速区)
  • 地震が続く故郷を思いやった原田悠里(大阪市浪速区)
  • 地震が続く故郷を思いやった原田悠里(大阪市浪速区)
  • 地震が続く故郷を思いやった原田悠里(大阪市浪速区)
  • 地震が続く故郷を思いやった原田悠里(大阪市浪速区)
  • 地震が続く故郷を思いやった原田悠里(大阪市浪速区)