2016.4.19 15:25

村木弾、船村徹氏&舟木一夫がバックアップ「“テッペン”とりたい」

村木弾、船村徹氏&舟木一夫がバックアップ「“テッペン”とりたい」

「息の長い歌手になりたい」と飛躍を誓った演歌歌手の村木弾(左)。中央は船村徹、右は舟木一夫

「息の長い歌手になりたい」と飛躍を誓った演歌歌手の村木弾(左)。中央は船村徹、右は舟木一夫【拡大】

 新人演歌歌手、村木弾(36)が19日、東京・飯田橋のホテルグランドパレスでデビューコンベンションを行った。

 作曲家、船村徹氏(83)の内弟子で、歌手、舟木一夫(71)のプロデュース&作詞曲「ござる~GOZARU~」で2月にデビュー。日本歌謡界を代表する重鎮2人の強力バックアップを得た村木は「息の長い歌手になりたい。やるからには“テッペン”とりたい」と気合十分。ステージでは同曲など3曲を熱唱し100人の招待客らを魅了した。

 芸名は船村徹氏の「村」と舟木の「木」から付けた。コンベンションにはその船村氏と舟木も駆けつけ、村木の晴れ舞台を見守った。船村氏にとって村木は最後の内弟子で、内弟子からデビューするのは村木で16人目となる。