2016.4.16 05:04(5/5ページ)

【ヒューマン】脚本家・野島伸司氏、直球勝負でバット折る

【ヒューマン】

脚本家・野島伸司氏、直球勝負でバット折る

総合監修を務める俳優養成所「ポーラスター東京アカデミー」で取材に応じた野島伸司氏 =東京・赤坂

総合監修を務める俳優養成所「ポーラスター東京アカデミー」で取材に応じた野島伸司氏 =東京・赤坂【拡大】

 1月に行われた特待生オーディションで発掘した逸材は「ふとした表情や顔が(「高校教師」ヒロインの元女優)桜井幸子をほうふつさせた」と明かし、「まだ上手な演技はできないが、力量のある子役(愛菜、加藤清史郎=14、寺田心=7)の中でドキュメンタリックなノイズを入れてみたいなと。(演技初体験の子役加入で)現場は大変みたいですが(笑)」とドラマの起爆剤となることを期待する。

 「まだまだ気になる生徒はいます。楽しみです」と目を輝かした野島氏。日本のドラマ史を築いたトップランナーの挑戦は、まだまだ続く。

★執筆は1日2~3時間「殴り書くイメージで」

 絶やすことなく新作を書き続けている野島氏。多忙な上、終日デスクに座りっぱなしと思いきや、「原稿を書くのは1日2~3時間くらい」と予想外の返答。「この方が頭の中が整理されて効率がいい。若いときはすぐに書かなければ不安で考えが熟成しないので、うまくいかないことがあった」と振り返った。今作についても「コメディーは勢いが大事なので、殴り書くイメージで最終回の前の9話まで書き終えています」と明かした。

★4歳の息子の将来「作家は絶対反対」

 野島氏は4歳の男児を持つ父親でもある。将来について「俳優は厳しい世界だから、あまりなってはほしくないが、世の中の人が認めてくれる存在になれるのであればいいかも」。しかし、「作家は絶対に反対。作品を書いているとアドレナリンが出てきて眠れなくなるし、プライベートが幸せだと成功することはあまりない。これだけはダメ」と自身が歩んできた道だけは継がせたくないという。

★野球大好き鷹党

 インタビュー中、野球用語で例えるなどプロ野球好きで、ソフトバンクのファン。ダイエー時代に捕手で活躍した城島健司氏(39)と親交があることから応援し始めたという。また昨年、脚本監修を務めたTBS系「アルジャーノンに花束を」では工藤公康監督(52)の長男で俳優、工藤阿須加(24)が出演しており、「さらに親近感が増して、応援しています」と笑顔を見せた。

「OUR HOUSE」

 半年前に母親(渡辺舞、27)が他界し、残されたサックスプレーヤーの父(山本)と3人の兄弟(加藤、寺田、松田)、祖父(橋爪功、74)のために家事をこなしていた長女、桜子(芦田)。中学入学式の当日に、父が仕事で訪れた米国からブロンドの美女(フォックス)を再婚相手として突然、家に連れて帰ってきた。そこから桜子と米国人継母の家庭内での覇権争いが始まる。

野島 伸司(のじま・しんじ)

 1963(昭和38)年3月4日生まれ、53歳。新潟県出身。中大1年在学中に渡米。帰国後の87年にシナリオ作家協会の脚本講座を受講し、脚本家、伴一彦氏(61)に師事。88年「時には母のない子のように」で第2回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し、同年、フジ系「君が嘘をついた」で脚本家デビュー。同局系「すてきな片想い」などのトレンディードラマや社会の暗部を切り取ったTBS系「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」などヒット作を連発した。

  • 総合監修を務める俳優養成所「ポーラスター東京アカデミー」で取材に応じた野島伸司氏=東京・赤坂
  • 「人見知りで、ドラマの現場では迷惑を掛けていますが…」と野島氏が紹介した秘蔵っ子、松田芹香
  • 熱い“日米対決”を繰り広げる芦田愛菜(左)とシャーロット・ケイト・フォックス
  • 総合監修を務める俳優養成所「ポーラスター東京アカデミー」で取材に応じた野島伸司氏=東京・赤坂
  • 総合監修を務める俳優養成所「ポーラスター東京アカデミー」で取材に応じた野島伸司氏=東京・赤坂
  • 「人見知りで、ドラマの現場では迷惑を掛けていますが…」と野島氏が紹介した秘蔵っ子、松田芹香
  • 「OURHOUSE」場面写真、シャーロット・ケイト・フォックス(左)と芦田愛菜
  • 「OURHOUSE」場面写真、シャーロット・ケイト・フォックス(左)と芦田愛菜
  • 「OURHOUSE」場面写真
  • 「OURHOUSE」場面写真、芦田愛菜
  • 「OURHOUSE」場面写真、芦田愛菜
  • 「OURHOUSE」場面写真、芦田愛菜(左)と山本耕史